Fotofull Weekend [楽写]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

地元の名所 ~ 「天野山金剛寺」 ③ 


金剛寺の「金」の瓦越しの枝垂れ。







漆喰の壁に映る枝垂れの影が目に留まり。







影になっていた枝先の花をクローズアップで。







金剛寺のソメイヨシノは、1週間前はまだまだ蕾でした。おそらくこのあと一気に咲いて、今はもう散り始めているのかなあ。。。







その他にも、枝垂れ桜と時を同じくして満開に近かった背の高い桜。
































金剛寺からはあと一回続きます。今日は夜まではお天気が持ったので、お昼前から夕方近くにかけて地元の桜めぐりをしてきましたが
昨日の雨でソメイヨシノはかなり散っていました><; 今日は異様に暑くてTシャツ一枚で良い位。家に帰って鏡を見ると、おでこが結構日焼けしてました!!
しかし、今年は本当に短期間に駆け抜けてしまいましたね。木曜日にお休みでももらって撮りにいけばよかったなあ~^^; 
でも、このあとは八重桜でもう少し楽しめますね。どこか近くに八重桜の名所はないかな・・・?

スポンサーサイト
CM: 3
TB: 0

今年も「寺内町 雛めぐり」 Last 


富田林の寺内町は広い範囲に古い町並みが残っており、僕の好きな瓦屋根のお宅や蔵も沢山あります。
その中でもいつも一番格好いいなあと思って眺めているのがこちら。この重なり具合が何とも言えません^^







そして、雛めぐりでの一番お気に入りのお宅へとやって来ました。







昨年もこの重箱を重ねた展示がありました。







深めの鉢に生けられたこちらにもセンスを感じます^^














毎回書いていますが、玄関側からの光の差し込み方が美しいのが、こちらのお宅がお気に入りになっている要素の一つです。




と書きながら、全体的な飾りつけの仕方がいつもより少しゴチャゴチャしていた感も否めず、今回は写真も少な目になってしまいました。
寺内町の雛めぐりは、例年秋口にも開催されているので、またその時に期待しています。

CM: 2
TB: 0

今年も「寺内町 雛めぐり」 ③ 


3月も残すところ今日を入れて2日なので、寺内町の雛めぐりを今月中にアップしてしまいます。
こちらの幟のようなものは、今回初めて見たかもしれません。黒い方は最初何のマークか解らなかったのですが
良く見ると「雛」の文字が横になっていたんですね^^














器のお店のショーウインドウ。階段状になった展示の仕方が面白くて。







こちらの工房の焼きものの雛人形も毎年撮影させてもらっています。







クリスマスローズとの組み合わせも、結構粋に感じられて良いものですね^^




明日もう一回お届けして、寺内町の雛めぐりも最終回です。

CM: 4
TB: 0

今年も百舌鳥駅 大寒桜 ③ 


JR百舌鳥駅の桜の続きは、上り側の改札口へと回ってきました。1~3枚目はXZ-2での撮影になります。





















ここからはG6。







幹の下の方からのびる枝は少し枝垂れ気味。







こうやって少し引いてみると、結構上の方までシッカリとした枝ぶりで、力強さを感じる木ですね!!







画面一杯の桜を。どんよりとした天気だったので、かなりハイキーにして。




百舌鳥駅のさくらはここまで。この後は少し歩いたところにある大仙公園へと向かいます。

CM: 6
TB: 0

今年も「寺内町 雛めぐり」 ② 


寺内町の雛めぐりは、毎年暖簾と吊り雛が出迎えてくれる「岩瀬屋」さんへ。







古い着物の生地でしょうか。







割った竹にちょこんと飾られた雛人形の前では白と黒の猫が気持ち良さそうに^^







猫が寝ている間に、という訳では無いでしょうがこちらではネズミたちの雛祭り♪







あまりにも可愛かったので横位置でも^^







こちらにも着物の端切れを利用した小さな雛飾りが。







再び外に出て。長屋の続く路地の手前側に大胆に飾られた雛飾り!! 開催は2日間とは言え、お住まいの方は通りずらいでしょうね^^;



CM: 4
TB: 0

今年も「寺内町 雛めぐり」 ① 


早いもので3月も終盤ですね。前回の堺のひな飾りめぐりの2日後に、こちらは毎年のように訪れている富田林の「寺内町雛めぐり」に今年も行って来ました。
堺七まちと違って、こちらでは屋外にも沢山の雛人形が飾られています。















ピントを吊り雛から雛人形に移して。





















春らしい菜の花と桜も古い町並みを鮮やかに彩っていました。




年度末でバタバタして疲れたので、今日は写真に添えるコメントは少な目です^^;

CM: 2
TB: 0

ようやく春本番!? 


明日から次第に気温も上がって暖かくなりそうなので、寒々しい写真も今のうちにアップしてしまいます。







昨日の梅を撮影した日と同じですが、正反対の枯れた雰囲気。こういうのも結構好きなんですけどね^^







赤い葉っぱたちも小雨に湿って、どこか寒そうに見えました。







プレートとはおそらく関係ないですが、蔦のような葉っぱが目に留まったので。







3月初旬のまだ寒い時期でしたが、これから芽吹こうとしている植物たちの力強さを感じられる一枚をラストに。



CM: 4
TB: 0

そろそろバトンタッチ? 


そろそろ桜の季節が来そうなので、その前に3月初旬に近くの植物園で撮影した梅をアップしてしまいます。少し距離を置いたところから、







徐々に近寄って。







まだ満開少し前でしたが、







色々な種類の梅の競演を楽しめました^^







折角なので、このレンズで一番近づけるころ(最短撮影距離0.8m程度) まで寄って。







この日は小雨がパラつく肌寒い日だったので、皆さんもまだ冬の格好でした。




ここ数日の寒の戻りで、桜は少し遅れちゃうのでしょうかね? 週末からは20度越えが続きそうなので一気にきそうな気もしますが、さて。。。

CM: 6
TB: 0

堺七まち ひな飾りめぐり Last 


山口家住宅は横手の庭から再び室内へ。炊事場との仕切りにはカラフルな色遣いが珍しい歌舞伎の屏風絵が。







タイトルが「ひな飾りめぐり」なので、最後は雛飾りを。ハイコントラストなモノクロで、まずはシルエット風に。







こちらも露出はアンダーですが、カラーバージョンで。














この丸窓がお気に入り。生け花も動きを感じるようなダイナミックな雰囲気で丸窓にも良く似合っていました^^







帰りしなに暖簾が風に揺れるのを狙っていたら、たまたま自転車が通り掛かって。




以上で「堺七まちのひな飾りめぐり」は終わりです。代休を頂いた三連休の中日は家でのんびり過ごしましたが、最終日にまた違う「雛めぐり」へ。
書き忘れていましたが、24日は47回目の誕生日でした^^; 徐々に50歳に近づいているのが恐ろしい ヒャ~><;

CM: 2
TB: 0

堺七まち ひな飾りめぐり ⑥ 


桜が続きましたので、また山口家住宅に戻ります。古いお宅ですが水回りはタイル張りでした。














雛飾りではなくリアルな水屋の中の食器たちを。







炊事場から横手のお庭に出てきました。







母屋の裏手にある蔵の屋根ですが、横手の庭は幅が狭くて、ほんの一部しか捉えられませんでした^^;







瓦屋根は寺院などで見かけるような立派な造りですね!!




山田家住宅からあと一回お届けして、このシリーズは最終回です。

CM: 2
TB: 0

今年も百舌鳥駅 大寒桜 ② 


引き続き百舌鳥駅の桜ですが、反対側の改札に向かう前に何枚か貼り忘れていたので。







画面いっぱい咲き乱れる桜を。







歩道橋の下りのフェンス越しに。フェンスが高いのが難点。。。















昨日の桜は横に流れる感じでしたが、こちらはまあるく纏まってボリュームが感じられる咲き方です。







こちらはXZ-2で、フェンスの隙間にレンズを入れるようにしてアップで。







線路沿いの桜らしく、鉄道の架線を入れて。




今日は昨日より穏やかで暖かく感じますが、晴れているのにどこか霞んだようでスッキリとしない空模様。遠くに見える山並みもモヤが掛かったよう。
もしかして、これは黄砂かPM2.5 の影響なのでしょうか? 何となくノドの調子も悪いような・・・><;

CM: 2
TB: 0

今年も百舌鳥駅 大寒桜 ① 


今日は朝早い時間から家を出て、向かったのはJR百舌鳥(もず) 駅。大阪でも一足早く咲く桜を今年も見に行って来ました!!







上り下りの両改札口前に咲くのは「大寒桜」という品種です。







まずは和歌山方面に向かう下り側の桜から撮影して行きます。














もう数日前から満開を迎え、既に葉も出始めていました。







反対側の改札へとつながる歩道橋を少しずつ上がりながら、上からの視点へ。














向かって右側から昇って来たお日様の光が照らし始めていました。







ちょうど大阪方面への普通電車が走り出したので、歩道橋の上から反対側の桜と共に。




朝6時前から家を出て、日の出の時刻少し過ぎから撮影を始めましたが朝はやはりまだ肌寒いですね。ちょっと薄着で出掛けてしまったので
コンビニのショコララテで温まりながらの撮影でした^^; 次回は上り側の桜を。

CM: 6
TB: 0

堺七まち ひな飾りめぐり ⑤ 


山口家住宅の奥庭をガラス越しに。














そして目を惹くのは大きな石組の・・・これは何て読んだらいいのでしょうかね? □の中に◇を組み合わせた面白いデザインですね^^







欄間も、扇型の中に植物をあしらった繊細なデザインが素敵です♪







炉が切られた茶室には、どっしりと存在感のある茶釜が。



CM: 2
TB: 0

堺七まち ひな飾りめぐり ④ 


引き続き山田家住宅より。掛け軸もお雛様仕様に。こちらにもサンシュウユが生けられていました。






隣の部屋の雛飾りは小物が少なく、人形が主体。














雛飾り以外にも年代物の当時の道具などが置かれています。こちらは裁縫関連の道具でしょうか。







先日訪れた田尻歴史館もそうでしたが、大げさなものでは無く、こういった比較的こじんまりとした「生け花」も好きな被写体の一つです^^







また別の部屋にもお内裏様とお雛様の掛け軸が。リアルといったら変ですが、雛人形のモデルとなっているのはこういった画なのかもしれませんね。



CM: 4
TB: 0

堺七まち ひな飾りめぐり ③ 


「清学院」の次にやって来たのは、以前も訪れた事のある「山口家住宅」です。こちらにも雛飾りがあったので、まず玄関先から。







部屋に上がって、もう少しじっくりと見てみましょう。







人形は少な目ですが、小物たちが一杯!!






水屋まわりのミニュチュアも細かい所まで凝っていますね^^







こちらもちっちゃな器ですが、絵付けもちゃんとしてます。




こちらの山口家住宅からは、あと何回か続きます。

CM: 2
TB: 0

堺七まち ひな飾りめぐり ② 


高須神社駅から七道駅方面へ向かう途中の古い町並みが残る「七まち」エリアへとやって来ました。







まず目に留まるのは、こちらの「薫主堂」さん。古い看板には「薫香處(くんこうどころ)」と書かれています。







店名通り、線香や御香を扱うお店です。







虫籠窓の横にある看板も味のある形をしていますね^^ 日本式のお線香は、ここ堺が発祥の地だそうですよ!!







次にやって来たのは、堺市立町家歴史館「清学院」です。







元来は寺院で、江戸後期から明治初期にかけては寺子屋として使用されていました。低い木の机や、使い込まれた硯などは当時のまま。















「七まち」では4月5日まで「ひな飾りめぐり」が開かれていて、こちらにもシンプルな雛人形が飾られていました。







表には春らしくサンシュウユと椿が生けられて。




次回は以前にも訪れた事のある旧家へ。今日は重たいコートを家に置いて出勤。やはり身軽に動けるのは良いですね♪

CM: 2
TB: 0

芽吹きの季節 ② 


ミツマタの他にもまた色々撮ってきたので、ちょこちょこ載せていきます。今回はJupiter-9 85mm f2での撮影ですが
Takumar50mm f1.4 に中間リングを付けた時のトロトロとした描写に負けていません^^







相変わらずこういうのを見つけると撮らずにはいれません。。。







マンサクは3週間経っても、まだまだ花盛り!!







タイトルの通り、色々な草木が新しい芽をつけ、春の準備が整ってきたようですね♪











金曜日は代休を頂き、この週末は3連休でした^^ 中日の土曜日は一日のんびり、前後の金曜・日曜は午前中に撮影、午後はのんびり。
やはり3日休みがあると、気持ちに余裕が出来ます。とは言ってもこの先は年度末でかなりバタバタしそうです・・・^^;

CM: 4
TB: 0

芽吹きの季節 ① 


中之島界隈の散策を一休みして、3週間越しでようやく花を付けたミツマタを。何色が咲くのかなと思っていたのですが、こちらは春らしい黄色でした^^
蕾の時の姿からは想像し難い咲き方ですよね!! シャワーヘッドから勢いよく水がブワァーっと吹き出した様。







お天気が今一つだったので、ここからは露出を明るめに設定して。


















昨日今日は真冬に逆戻りしたかのような寒空で、ようやく咲き出したミツマタもビックリしているかもしれませんね^^;

CM: 4
TB: 0

田尻歴史館の雛まつり ④ 


雛飾りを撮影した田尻歴史館のその他の写真を。洋館部分の2階の窓から見えた紅梅です。







ここからは日本家屋部分の和室に生けられた花を。














以前訪れた時にも撮影した綿の花。撮り方も殆ど変ってなくて進歩がありませんね・・・^^;







あまりにも芸がないので、ちょっと寄ってもう一枚^^




こちらからは、あと1回続きます。

CM: 4
TB: 0

出掛けたはいいものの・・・ Last 


他のシリーズが先行して間が空いてしまいましたが、阪堺電車沿線の散策の最終回。「御陵前」駅で下車して向かったのは「南宗寺」です。
1557年に戦国時代の武将三好長慶が父の菩提を弔うため建立され、夏の陣で焼失後再建。国の重要文化財仏に登録され、堺でも名高い寺院として知られています。
境内を囲むこちらの塀がとても印象深かったです。







都合により本堂の方へは行けなかったのですが、その周囲を回りながら目に留まったものを。














香炉でしょうか。周りの模様の円の部分が目に見えて、何となくへしゃげた「バボちゃん(バレーボールのマスコットキャラ)」のようで可愛らしかったです^^







境内では紅梅が綺麗に花を咲かせて。







白梅は、まだ蕾が多めでした。














ラストは特徴的な塀に映るヤツデの影を。




南宗寺を後にして、また阪堺電車に戻るつもりだったのですが、思いのほか気温が上がって暖かくなり、着ていったコートが邪魔になる程で
さらに鼻がズルズル、目がカユカユ状態になってしまったので散策を切り上げて帰る事にしました。これがこのシリーズのタイトルの所以です^^;
阪堺電車沿線を巡るシリーズは、また花粉症が落ち着いた梅雨時分くらいに、この続きから再チャレンジ出来たらなあと思います。。。

CM: 4
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。