Fotofull Weekend [楽写]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

2回目の白崎海岸 Last 


水仙を撮る目的を一応果たし、帰路へ。海洋公園から最寄りのバス停までは少し距離があるので、来た道をまた暫く歩いて戻ります。
反対方向から見る岩は、また違った印象に見えました。奥の左側は何だかカエルに見えてきたり。。。







バス停に着いても、次のバスまで30分近く待たなければならなかったので、周辺をもう少しぶらぶらと。







釣り好きの人は本当に何処にでもいますね^^














バス停に戻ろうとした時に、ネコ発見!! ちょこちょことこっちを気にしながら、もう少し近づこうと思ったら逃げちゃいました^^;







帰りのバスは駅に着くまでずっと一人でした。で、由良駅のホームでも一人^^;







でも今度はタイミングよく、電車がすぐに。普通電車ですがなかなか格好が良く、新しいタイプの電車なのかな?




以上で白崎海岸シリーズは最終回です。目的だった水仙がタイミングを外しちょっと残念な感じだったので、翌週にもっと身近な場所でリベンジしてきました。
次回からはそちらの模様をお届けして行こうと思います!!

スポンサーサイト
CM: 2
TB: 0

2回目の白崎海岸 ⑤ 


2度目の白崎海岸ですが、今回の目的はこちらの水仙でした!! 海洋公園から少し坂を上った海を見下ろす場所に群生しています。
水仙は由良町の町花にもなっているようです。ここは約10万本と、淡路島の灘黒岩水仙郷の500万本ほどの規模ではありませんが
「黒岩」に対して「白崎」と地名が図らずも対照的な所も面白いなと思いました^^







白崎の水仙は八重咲きのものと、こちらも黒岩とは対照的。







急な斜面に咲いているので、こちらも海を背景に撮影する事が出来ます。







本当は崖の下の方まで花があるのですが、ちょっと行くのが遅かったのか下の方は終わりかけ。。。








辺り一面の水仙とは行きませんでした><;







なので、上の方で花がまだ綺麗なものを選んで。







今度行くときはもう少し早目にチェックして、また訪れてみたいと思います。




次回、帰りがけの模様をお届けして最終回です。

CM: 7
TB: 0

2回目の白崎海岸 ④ 


白崎海洋公園の展望台から空を見上げると、トンビ(?)が悠々と大きな羽を広げて。







50mmではちょっと遠すぎましたが、MFで狙った割には結構ピントが来てくれました^^







空が気持ち良かったので、何となく。







上の建物の先はウッドデッキになっていて、その下にはカヌーが。たしか、前回も同じものを撮ってましたね^^;







そして、丁度お昼頃だったのでこちらも前回と同じく「DeckCafe」でランチを頂きました。







海洋公園を後にして、直ぐ近くなのですが今回の本来の目的である場所へ向かいます。




月曜の午前中は何だか風邪っぽく頭痛がしていたのですが、早目に薬をのんだら午後には回復していました。普段あまり薬を飲んでも効いているのかどうか
良く分からないことが多いのですが、やはりちょっと変だなと思ったら早目の対処が大事なんだなあと、改めて感じました^^

CM: 2
TB: 0

2回目の白崎海岸 ③ 


平日は、また白崎海岸のシリーズに戻ります。大きなカーブを曲がると白崎海岸の名の通り、白っぽい大きな岩島が見えてきます。






光の具合ではグレーのような色に。







ジッと見ていると、何だか生き物のようにも見えてきたり。。。







波打ち際には大小さまざまな形の岩石が。






釣り人の大きさと比べると、よりそのダイナミックさが感じられます。







浸食が繰り返されて出来上がったその姿は、一つのアート作品のようでもあります。またこの先も、その姿を長い年月をかけて変えていくのでしょうね。







そんな岩山のトンネルを抜けると、白崎海洋公園があります。







こちらは公園内に入って展望台の上からの一枚。




今回の目的地は海洋公園ではなかったのですが、折角なので次回は公園の様子をもう少しだけ。

CM: 2
TB: 0

2回目の白崎海岸 ② 


引き続き海岸沿いを歩きます。







何かここに建造物があったのでしょうか? でも何だったのかはさっぱり^^;







波も静かで、のんびりとした空気が流れていました。







手前の砂浜は小さな海水浴場になっているようです。







そのすぐ隣には、高い防波堤に護られた漁港が。







釣り客を乗せるための船とかが多い感じでしょうか。




この先から「白崎」と名の付く由来のような島々が見えてきます。そちらはまた次回。

CM: 2
TB: 0

2回目の白崎海岸 ① 


この前の日曜日は今年初の和歌山方面へ。今回は電車を利用して、南海の三国ヶ丘からJRに乗り換え和歌山駅経由でまず辿り着いたのは「湯浅駅」でした。
ここで目的の駅に向かうために乗り換えで30分近く時間があったので駅構内でスナップ!!







そして目的地の最寄り駅の「紀伊由良」駅にやって来ました。隣の駅名「広川ビーチ」が平仮名で書かれていたのがメチャ可愛く見えたので思わず一枚^^;







駅から最終目的地の白崎海岸まで7kmほど距離があり、バスも通っているのですが本数も少なく、この日は何だか歩きたい気分だったので徒歩で向かう事に。
最初の方は少し山道を通るのでしんどかったですが、暫く歩くと海沿いの通りへと出てきました。
道中色々とスナップをしながら、まず目に留まったのがこちら。これは多分網を引くための道具の一部かと思います。







歩き始めは曇り空だったのが、暫くするといいお天気に。







さらに先へと歩をすすめます。今回は海岸沿いの草木たちが気になって、画になりそうなものを見つけては立ち止まり撮影していたので、その中から5枚ほど。
































次回も白崎海岸をめざし海沿いを歩いていきます。

CM: 4
TB: 0

南海高野線の渓谷沿いを Last 


高野線沿いの渓谷散策も最終回。下古沢駅から高野下駅を経て最後にやって来たのは「九度山駅」です。







三角屋根が何とも懐かさを醸し出します。







ホームをピンクのベゴニアが彩り。







高野山方面へと向かう電車を見送って。







前回の線路と平行する国道を撮ったのは、中程に見えている陸橋の上から。







駅を出ると再び単線に。







観光列車の「天空」が走る橋本駅から極楽橋駅の間の駅名看板は電車と同じ緑色。各駅の高低差の表示も面白いアイデアですよね^^







橋本駅方面の退避線にはメンテナンス用の黄色い車両。







「出発反応標識」の文字もいい味を出しています。











十数年、南海高野線沿線に住んでいますが、こんな風に歩いたのは初めて。なかなか面白かったので、また今度別の駅から駅まで歩いてみようかなと思いました!!

CM: 6
TB: 0

南海高野線の渓谷沿いを ④ 


南海高野線沿いの渓谷の続きです。道路から見下ろした渓谷の様子を何枚か。







色付きはちょっと渋めですが。。。






川幅は狭いですが、切り立った岩壁に挟まれ渓谷らしい風情です。








ダイナミックな枝ぶりが見事ですね。







実は今回の写真展の自分のテーマも「草木(そうもく)」なのですが、こういった木々で構成された風景が結構好きなんですよね^^







渓谷を抜け少し高台から高野線と並行して走る国道を。











次回は今回の散策の終着点の九度山駅での撮影を。
CM: 2
TB: 0

南海高野線の渓谷沿いを ③ 


高野線の渓谷沿いの散策はレトロな「高野下駅」と別れを告げ再び次の駅を目指していると、赤い鉄橋が見えてきました。







ふと足元に目をやると、まだ新しそうなコンクリにクッキリと落ち葉の模様が!!







渓谷の上に架かる鉄橋に近づいて行きます。







鉄橋のすぐ先はトンネル。







近づいて見上げると、迫力が増しますね^^







鉄橋の下を通って、今度は反対側から。電車が来ないかなと暫く待っていると、







手前からやって来てくれました。丁度近くに綺麗に色づいた紅葉があったので引きの画を。













もう少し先へと進んだところから、紅葉を振り返って。







渓谷に沿って道路も蛇行しているので、また鉄橋とトンネルが見えました。




次回は渓谷の様子を少しだけ。
CM: 2
TB: 0

南海高野線の渓谷沿いを ② 


下古沢駅から川沿いの国道を歩いて次の「高野下駅」に到着しました。







何とも懐かしいというか、レトロな雰囲気が漂う駅舎。














十年近く前に一度、こちらの駅で降りた事があり、奥に見える椎出厳島神社で夏に行われる「椎出の鬼の舞」というお祭りの撮影で訪れていました。







線路と平行して流れる川を挟んで、紅ではありませんでしたが黄葉した木が向かい合っていました。







更に次の駅をめざし歩いていると、また電車の近づく音が聞こえてきました。高野山方面へ向かう線路は少しずつ勾配しています。
頑張って登っているような独特な高い音がして遠くからでも電車が来るのが分かり、スピードもかなり遅いので待ち構えやすいんです^^




今日は暑いような寒いような微妙な気候でしたね。服装も上着を脱いだり来たり、マフラーを付けたり外したりと忙しい一日でした^^;
CM: 4
TB: 0

南海高野線の渓谷沿いを ① 


11月の第2土曜日は、その前々週に訪れた高野山より手前の「下古沢駅」から「九度山駅」の間を散策に行って来ました。






先日の観光列車「天空」が走る区間の各駅には、「こうや花鉄道プロジェクト」の一環として、写真のような「花屏風」と呼ばれる花壇などが設置されています。







こちらが「下古沢駅」の駅舎。とても素朴で小さな無人駅です。







駅から下って直ぐの所なのですが、







このように渓谷が。今回はこの渓谷に沿って国道370号線を北上して歩いていきます。







暫く歩いていると、コンクリートの壁の下方が橋脚の様なアーチ状になっている場所がありました。ちなみにその上を南海高野線が走っています。








今回は一応紅葉をさがすのが目的だったのですが、思ったようには見つけられず。








とある踏切近くで、こういった木を見つけただけで嬉しくなっちゃいました。














電車が近づいてくる音が聞こえてきたので暫く待ち構えていると、







普通の通勤タイプの電車だったので、ちょっとガッカリ・・・^^;




次回は次の駅の「高野下駅」周辺を。
CM: 0
TB: 0

紅葉2014 ~ 高野山散策 Last 


高野山は引き続き金剛峰寺の境内からお届けします。こちらの高さのある紅葉も見事でした!!







順番は逆になりましたが、金剛峰寺へとつながる参道も高野山では人気のスポットですね^^







水平に広がりを見せるこちらの木も、とても風情を感じます。














紅葉の最後は、高野山への入り口となる女人堂の前で。







ケーブルカーで極楽橋駅まで下って来ると、橋本と極楽橋間で運行されている「天空」が停車していました。







これに乗って帰ったわけではないのですが、折角なので車内の様子をパチリと。高野山の風景を楽しめるように座席が同じ方向に向いています。







車両の両端は対面になっていて仲間でワイワイするにはいいかもですね^^




今年一つ目の紅葉撮影はこれで終わりです。ここ2日は冷え込みも厳しくなり、あちこちで紅葉が進みそうですね。
CM: 2
TB: 0

紅葉2014 ~ 高野山散策 ④ 


高野山の紅葉の続きです。一際色づいていたのがこちら。







手前の車のウィンドウにもクッキリと。







別の角度からも。







見る角度によっても表情がかなり変わりますね。







ここから金剛峰寺の境内へと。







金剛峰寺の中でも一番お気に入りの場所なんですが、ここはまだ少し早かったようです。







それでも色々な色が混じり合った様子も、結構好きだったりするんですけどね^^




今日は朝から雨。週末すべての日が良いお天気というのが、最近なかなか無いですねぇ。休息をとるには良いんでしょうけど、やっぱり何かつまんないなあ。。。
CM: 8
TB: 0

紅葉2014 ~ 高野山散策 ③ 


高野山散策の続きは、霊宝館の外から、木々の間から覗く紅葉を。







上とこちらは丁度、最初に掲載した駐車場側から見えた紅葉になります。







逆光に透過する紅葉は特に美しいですね。














金剛峰寺の敷地の道路に面した銀杏はいつも見事です。







これまであまり通っていなかったのですが、上のメイン通りとは反対側の金剛峰寺の裏通りにも様々な寺院があります。
こちらは門前に「修行中」とあり、境内の中に入ることが出来なかったので、門の外から本堂裏の紅葉を狙って。








また別の寺院。こちらも本堂の裏山に見える紅葉を。







風情のある川沿いの通りを、更に紅葉が彩ります。




昨晩は台風の時のような強い風が吹き荒れていました。紅葉前の葉が落ち葉になっていなけれないいのですが。このところ何故か三連休になると天気が安定しないですよね。。。今日は天気は持ち直しそうですが、ちょっと寒そう><;
CM: 6
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。