Fotofull Weekend [楽写]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

高台から明日香の町並みを見下ろして。







山門にかけられた大わらじを撮影して、岡寺を後にします。







岡寺の山門からまっすぐ歩いたところにある「治田神社」。














神社の境内にも気持ちの良い新緑が。







神社側から岡寺の山門を。














神社を後にし暫く歩いていると、今回2匹目の猫発見=^・^=







望遠ズームを付けたままだったので、立ち止まったところを遠くから。







口で音を鳴らして振り向いたところをゲット!!







そろそろお腹もすいてきたので、前にも一度寄ったことのあるガラス工房が併設されたカフェ「さんぽ」さんへ。







座った席の窓辺に置かれたガラスの一輪挿しもここで作られたものなのかな?







今回頂いたのはフレンチトースト。 出し巻卵を食べているようなメチャふわふわな食感で美味しかったです♪
どうせならメープルシロップをかけてから撮れば良かったかなと今更ながら後悔しています・・・^^;




以上で明日香村の散策は終わりです。連休明けの週末は生憎の雨模様。でも連休の疲れを取るには家でのんびりもいいかもしれませんね^^

スポンサーサイト
CM: 4
TB: 0

昨日実家から戻ってきましたが、暑さに疲れて更新する元気がなかったので本日からまた再開です!!

記事は引き続き岡寺より、単焦点レンズから望遠ズームに付け替えて再びボタンの花を。




















写りは良いのですが、ボケなどは少し硬めの描写かも。。。




























ここからはシャクナゲも望遠ズームで再び。





















竹林が背景のこのあたりが一番綺麗に咲いていました。







ちょっとブレていますが、ホバリング中の熊蜂と。




GWもいよいよ最終日。4日は一日雨のお天気でしたが、全般的にお天気に恵まれましたね。タイトルは「初夏のような陽気」ですが、GWは夏本番みたいで
暑くなりすぎです><; 余り早く暑くなると撮影テンションが低下する期間が長くなりそうで今から憂鬱です。。。
CM: 4
TB: 0

実家に帰る前に、岡寺シリーズをもう1回分だけ。境内のいたる所に咲いていたシャガ。こちらは光の雰囲気が良かったので。














境内の休憩所の屋根を利用して、斜面を彩る様々な草花を「絵馬」のような形に切り取ってみました^^














上で絵馬のようにと言いましたが、岡寺は別名龍蓋寺(龍の眠る寺) とも呼ばれており「龍玉」というものが絵馬代わり。
こちらのリンク先のように玉のお尻側に願い事を書いた紙をまるめて納め奉納します。







こちらが立派な構えの本堂。







境内の奥の方から、







上の方へと昇って行きます。







とても心地の良い新緑も。







高い位置から、ふたたび本堂を。







岡寺ではツツジも見頃を迎えていました。







ツツジって意外と彩度が高くて撮るのが難しいんですよね^^;

























それではこれからどこかに寄ってから実家に帰ります。実家といっても同じ府内なんですけどね(笑)
CM: 2
TB: 0

奈良県明日香村の岡寺からはシャクナゲの花を。


































































今年は少し花の付き方が例年よりも少な目という話も聞こえてきましたが、結構楽しめたと思います。後半の望遠ズーム編でもシャクナゲは再び登場します^^
皆さまのブログへの訪問、コメントへの返事が滞っており申し訳ありません。また明日から実家に戻りますので、更新も少しの間ですが休ませて頂きます。

CM: 4
TB: 0

目的地近くには古い町並みも残っていますが、道路が綺麗になりすぎてその風情が少し損なわれたような気も。
ここにくると立ち寄っていたお蕎麦屋さんも、今は宇陀の方へと移動されてしまいました。。。







町並みから脇にそれて目的地を目指します。







ブログを始めた最初の頃に桜吹雪の写真を載せた、とある寺院は今の時期はボタンが綺麗に花を咲かせていました。







ここからは目的地の「岡寺」での撮影になります。







こちらでもボタンの花が見頃を迎えています。


















飛鳥に寄るとよく訪れる岡寺はシャクナゲのお寺としても、その名を知られています。これまでこの時期に訪れる事ができていなかったので
今回ようやく実現しました。次回はそのシャクナゲを中心にお届けしていきます。
いよいよGWが始まりますね!! 一先ず明日明後日とお休みで、1日はお仕事。まだ全く何も予定がないのですが、どうしたものやら・・・^^;

CM: 1
TB: 0

引き続き明日香村の続きです。今回Takumar 28mmを使って青い空などを撮っていると、いわゆる「周辺減光」というものを一番感じます。
周辺のみ現像時に少し補正していますが、これもフルサイズならではの一つの味という感じもします^^














それでもこのレンズはF3.5と特段明るいレンズではありませんが、このお地蔵さんと背景の描写も良く、嵌ればなかなかイイ感じに使えます。






上のお地蔵さんの目線の先にある、明日香村でもお気に入りの場所。







低めの位置から、この場所の開放感を更に強調して。














一輪のアザミをワンポイントに (ちょっと小さ過ぎますが^^;)





















ここの木々はどれも良い姿をしています^^







今回もこの場所に癒されました♪







奥に見えているのは「橘寺」です。この辺りは桜や彼岸花の頃が素敵な場所ですが、今の時期も小さな草花が彩りなかなか良いですよ!!




この後は今回の目的の場所へと。

CM: 4
TB: 0

ようやくお天気も安定してきて週末も良いお天気。という事で朝早くから今日はお出掛け!!
向かったのは奈良の明日香方面。近鉄の河内長野から古市を経由して飛鳥駅までやって来ました。







今回はα7Ⅱでまだ装着していなかった最後のレンズ「smc Takumar 28mm f3.5」をチョイス。







歩き出して、早速第一村人では無く、猫を見つけました^^







遠くで一旦しゃがんで警戒心を解いてから少し近づいてみましたが、28mmではこれが限界でした。。。














木材加工場の煙突はこういうタイプのものを良く見かけます。






















丁度近鉄特急がやって来たので、気になった建物と共に。







今回はふと目に留まったものをあれこれ考えず、







気軽な気持ちでスナップ!!














何となく蓑をまとった5人衆が、これから目指す場所を眺めているように見えて^^







この時期は若々しい緑がやはり見ていて気持ちいいですね♪




今日は気温も上昇して、また顔が随分焼けました。日陰の少ない場所を歩いていると、熱中症になりそうなくらい。
そろそろ通気性の良い帽子でも被らないとなあ~。今回はかなり長時間歩いたので脚が完全に棒状態です・・・><;

CM: 2
TB: 0

大宇陀の桜 2015 Last 


もう一つの桜シリーズの「大宇陀の桜 2015」もコラージュで一気に最後までお届けします。

古い町並みから最寄りの近鉄の榛原駅までそこそこ距離があるのですが、途中にも桜が綺麗な場所があるので、のんびりと歩いていきました。
下の組み写真の左も、途中で見つけたとある神社の鳥居の前に咲いていた印象的な桜でした。そこからまた暫く歩いていると、右上のような
光景が見えてきます。右下はその場所にもう少し近づいたところから。







町並みから続く宇陀川は川幅も少し広くなって、川の両側に桜並木が続いています。





















更に川を下って榛原駅にもう少し近づいた場所にも、もう一か所また同じように川を挟んだ桜並木があります。














2か所目のこの場所を撮っていると、しばらく上がっていた雨が降り出して撮影もここまで。







ラストは、コンパクトカメラのXZ-2でも撮っていたのを忘れていた「又兵衛桜」を。




お届けしてきたように大宇陀周辺には桜を楽しめる場所が結構豊富にあるのですが、「又兵衛桜」以外は意外と知られていないのではと思います。
今回お届けした桜並木も、実際に歩かれているのは地元の人が犬の散歩やジョギングしながらといった感じ。
まあ行き帰りのバスの車窓からも眺められるのですが、ちょっと勿体ない気がします。

今年の桜撮影は地元と大宇陀の2か所くらいでしたが、十分楽しめたと思います。特に大宇陀はベストタイミングで訪れる事ができて大満足でした!!

CM: 2
TB: 0

大宇陀の桜 2015 ⑥ 


まだしつこく桜を続けております^^; 今回は大宇陀の続きで宇陀川沿いの桜風景を。






































































宇陀川から離れ町並みの桜を。














町外れのコンクリート工場の奥に見える桜も毎年撮影しています。




この後は町並みを外れて榛原駅の方へと歩いて行きます。

CM: 4
TB: 0

大宇陀の桜 2015 ⑤ 


大宇陀の桜は又兵衛桜と別れを告げて、いつもの古い町並みへと向かいます。その道中も見かけた桜をスナップしながら。





















町並みの入り口付近にある酒蔵には、小振りですが華やかな枝垂れ。







いつもお世話になっているお店でお昼を頂く事に。席からお向かいの陶器のお店を。







いつもは大和牛の丼の定食を頂いているのですが、この時期はちょっと趣向を凝らしたメニューがあったので今回はそちらを。
手前のご飯は、写真では分かりにくいですが「桜ごはん」です^^







そして自家製のお豆腐とヘルシーな野菜中心のメニューとなっていました。







この地で撮影し昨年の写真展に出展した「羽衣桜」の一枚を今年初めにお持ちしたのですが、お店が休みだったのでお向かいの「宝泉窯」さんに言づけ。
それ以来こちらには来れていなかったのですが、お店の方が桜の時期に合わせて、ちゃんと飾っていてくれていて嬉しかったです^^







そして写真を撮影した、近くの春日神社へ。参道の桜も少し散り始めでしたが、まだまだ綺麗でした。







こちらがその「羽衣桜」なんですが、今年は咲くのが遅いようでタイミングが合わず残念。。。







春日神社の横手のあたりも、毎年桜がとても綺麗な場所です。





















宇陀川沿いのとある桜の木には、丸くて大きな「宿り木」が2つ。




この後も引き続き宇陀川沿いの桜を。

CM: 2
TB: 0

大宇陀の桜 2015 ④ 


又兵衛桜の右サイドに回ってきました。







一番伸びやかさが感じられて好きなアングルです^^







離れた場所からだと優しく女性的ですが、近づくと男性的な力強さを感じます。







少しお天気も良くなり、見物客も随分と増えてきました。







そして、徐々に距離を置きながら。

























又兵衛桜はここまで。この後はいつもの古い町並みの方へと向かいます。

CM: 6
TB: 0

大宇陀の桜 2015 ③ 


又兵衛桜の後ろ側には紅白の桃園が広がっています。木々のシャープさと、立体感のあるボケ具合が何か心地いい描写です♪







桃の花の奥に又兵衛の後ろ姿を覗き見て。







又兵衛桜が見えるように、もう少し高い位置から。同じようなポーズで写真を撮っているお二人さんを入れて^^







合間に、こんな一枚も挟んでみたりしながら・・・。







ここからは寄り気味で、又兵衛桜の部分部分を色々切り取っていきます。







下から又兵衛桜を楽しむ人々が、枝垂れの合間から小さく見えるのが面白くて。







枝ぶりに迫力があるので、花の一輪一輪がより繊細に感じられます。





















雨の合間に微かに覗いた青空を入れて。




次回はサイドからの又兵衛桜を。今日はまた冬に少し戻ったような寒さでしたね。一度暖かくなったから余計に身に染みます><;

CM: 2
TB: 0

大宇陀の桜 2015 ② 


不慣れな現像ソフトに戸惑い、思うように作業が進まず遅くなってしまいました^^; ここから暫くは又兵衛桜の写真が続きます。







雨は止んでいたのですが、空が白い靄に覆われてドンヨリしていたので、撮影時も露出に難儀しました^^;







奥に見えているハクモクレンも満開!!







そして又兵衛桜もほぼ満開に近い状態。いつも焦って早目に訪れていたので、今年はベストタイミングと言えるかもしれません。







靄の切れ間から、山のてっぺんが少しだけ頭を覗かせていました。




次回は又兵衛桜を裏側から。

CM: 2
TB: 0

大宇陀の桜 2015 ① 


大阪のソメイヨシノはとどめの雨ですっかり散ってしまったので、今日は奈良の大宇陀へと足を延ばして来ました。
道中は雨が降っていたのですが、大宇陀に着いた頃には雨も止み傘を差さずに撮影開始です。

まずは当地では枝垂れで有名な天益寺のふもと辺り。僕の中では大宇陀の桜の隠れた撮影スポットになっています。







少し盛りを過ぎてはいましたが枝垂れも遠目に見ればまだ綺麗です。














少し離れた場所から全体の様子を。







ここから、本来の目的の場所へと歩を進めていきます。







程なく見えてきたのは、又兵衛桜(本郷の瀧桜) です。







又兵衛桜の少し手前にある地蔵桜。







その名の通り、木のたもとにはお地蔵さんが祀られた小さな祠があります。




メインの又兵衛桜はまた次回に。

今回撮影に使用したのは、僕にとっては初めてのフルサイズ機「SONY α7Ⅱ」です。初めてと言っても、自分で購入した訳ではなく知人から
少しの間お借りしているものです^^; お借りしているのは「ボディ」のみで、レンズはマウントアダプターを介して自前のものを装着。
普段カメラはマイクロフォーサーズですが、僕の所持しているレンズは全てフィルム時代のオールドレンズばかりなので、フルサイズの
デジタル一眼でも装着自体には何の問題もありません^^ 問題があるとすれば、最新のカメラの性能を引き出せるレンズであるか否か。

フルサイズはレンズ本来の焦点距離での撮影が出来るのが良い所なのですが、「あれ、50mmってこんなに広くとれるのか!?」と正直戸惑いも^^;
カメラ自体の操作にもまだまだ不慣れで、掲載している写真も「フルサイズ」の性能はまだまだ引き出せてはいないと思いますが、将来的に
自分で購入をする意味があるのかを判断する良い機会と思い、短い間になると思いますがとことん使わせて頂こうかなと思っています!!

CM: 6
TB: 0

再び奈良へ ~ 「高畑町界隈」 Last 


志賀直哉旧居を出てすぐ横あたりにあるお宅には、丸に「御」の字の暖簾。どういった意味合いなんでしょうね?
格子戸の影が透過する様子が面白かったので、思わず。







抜けるような青い空と白っぽい冬木立の組み合わせも、なかなか良いものですね







更に高畑の町をぶらぶらしていると、あるお宅の塀に竹が立て掛けてあり、良く見てみると「二月堂 松明竹」と書かれています。
お水取りの時に使われた松明だったんですね!!







新薬師寺の辺りを回り込んで行くと、美術館のような建物が。「山の辺の道」の写真でも有名な「入江泰吉記念奈良市写真美術館」でした。
今回は中には入らず外からのみです。。。







ぐるっと散策して、再びお昼を頂いた「コバト」さんの近くまで戻ってきました。ある一角だけ煉瓦塀が連なるちょっと不思議な雰囲気の長屋住宅。
家は完全に和風なのに何で塀だけ煉瓦造りなんでしょうねぇ?







高畑町から、ならまちの方面へ向かう途中で見つけたのは「頭塔」と呼ばれる土製の塔です。高さ10mほどで7段のピラミッド状の形をしていて
東西南北にそれぞれ石仏が配置されているそうです。ピラミッドと同じようにお墓のようなものなのでしょうかね。。。
あいにく見学する受付が閉まっていたので、近くでみる事が出来ませんでした。このワンカットではわかりにくいですよね^^;







更にならまちの方へ進むと、「名勝大乗院庭園文化館」があります。休憩所のような場所になっていて、中からガラス越しに大乗院の庭園を眺める事ができます。
庭園の朱色の橋の向こうに見えているのは「奈良ホテル」です。







高畑町のラストは簾の揺れる町家を。




高畑町は春日大社や奈良公園の丁度裏手に当たりますが、意外と知らない方たちが多くて穴場的な存在なのでしょうかね? 
僕にとっては結構定番の場所なんですが。。。奈良公園まで行かれたら折角なので是非一度歩かれてみては^^

CM: 2
TB: 0

再び奈良へ ~ 「高畑町界隈」 ③ 


志賀直哉旧居からは最終回。







ダイニングの奥にあるサンルームの床はタイル張りになっていました。







大きな照明も珍しいデザインですね。







天井に設けられたガラス窓から気持ちの良い青空が覗けました♪







サンルームから続く和室。一つ一つの部屋は大きくないのですが、想像以上に沢山の部屋があります。







こちらからも中庭を眺める事が出来ます。














ラストは裏庭に出ての一枚。ここに来ると毎回思うのは、ダイニングやサンルームのモダンさ、表の庭、中庭そして裏庭と敷地的にも広くて、ちょっと羨ましい位の裕福な暮らしぶりだったんだなあという事です。




次回は旧居の周辺の様子をお届けして高畑町界隈も最終回です。

CM: 2
TB: 0

再び奈良へ ~ 「高畑町界隈」 ② 


志賀直哉旧居は一番好きなダイニングへとやって来ました。







窓からの光がテーブルの上に。







テーブルの周りには椅子がずらり。こんなに人が集まるお宅だったのでしょうかね?














ダイニングからも中庭が眺められるようになっています。







こちらにも水仙の生け花が。







窓越しに見えているのは、今で言うサンルームのような場所。







開放がF3.5とそれほど明るいレンズではありませんが、ボケ具合と窓のガラスへの微かな映り込みの雰囲気がなかなかいい感じに♪




やっぱりこういうものを撮っている時が、僕的には一番ワクワクする瞬間であります^^ 次回は裏庭に面したサンルームの様子を。

CM: 4
TB: 0

再び奈良へ ~ 「高畑町界隈」 ① 


先週の日曜日は再び奈良方面へ。今回は高畑町界隈を歩いて来ました。お昼少し前だったのですが、まずは腹ごしらえという事で
出掛ける前に調べておいたカフェへ直行しました。訪れたのは「コバト」さんです。落ち着いた雰囲気の店内で、若い女性が一人で切り盛りされていました。







早目に行ったので中も撮れるかなと思っていたら、同じように早目に2組のお客さんが直ぐに入ってこられたので店内は撮影できませんでした^^;
構図は適当ですがオーダーしたランチだけは一枚。メインはミートボールのシチューでした。コクがあってなかなか美味しかったですよ♪







早目のランチを終えて、すぐ近くの志賀直哉旧居へ。ここへは何度も行っているのですが、高畑に来るとついつい寄ってみたくなるんですよね^^
まずは二階の部屋から前庭を見下ろして。







同じ二階の部屋。障子は普通ですが、窓枠が変わった形をしていたので。







一階に降りて部屋の窓を額縁に庭の様子を。





















水仙の生け花に季節を感じますね^^




次回は志賀直哉旧居でも一番のお気に入りの場所を。

CM: 8
TB: 0

大和神社 Last 「御弓始式」 その二 


次の写真に行く前に、こんなのも挟んでみました。







ここからは枚数も多いので、いつものコラージュで一気にお届けして行きます。画像をクリックした先でのスライドショーでは、個々の写真も
アップしているので宜しければご覧ください^^

学生に続いては装束を身にまとった皆さんの登場。その中に外国の方もいらっしゃったので、そちらに注目して狙ってみました。





















全ての弓引きが終わり人垣も少し緩和され、ファインダーでの撮影が出来る状態になったので構図を色々変えて。














帰りがけ、垣根の間から。




お正月休み最後の日に、こういった神事を見る事が出来て気持ちが何だか引き締まるような撮影となりました。


CM: 6
TB: 0

大和神社 ② 「御弓始式」 その一 


今回見に行ったのは「御弓始式」という神事でした。魔除けと豊作を祈り弓打ちが行われます。

山の辺の道の散策で少し出遅れてしまい神社に戻った時は既に沢山の見物客で賑わっていた為、人垣の後ろからバリアングル液晶を開いて
腕を伸ばした状態で、しかもカメラにセットしていたのはMFレンズだったので、最初の内はコツがつかめず、ピントも構図も外し気味^^;














最初はあちこち撮影場所を変えていたのですが、心を決めてこの後はずっと僅かに合間から見れるこの場所で撮影しました。
それでもやはり腕を伸ばさないといけなかったので、撮ってはピント位置を確認し、また撮ってを繰り返し、結果としては何とか
満足できる撮影をする事が出来ました^^ 県下の弓道連盟に属している方々が小笠原流の古式に則り矢を放って行きます。

歳の若い順のようで、まずは小さな男の子から。








見た目はあどけなくて可愛らしい感じでしたが、弓を射る姿はなかなか凛々しく見えました^^







少し年齢が上がって中高生くらいでしょうか。







流石、作法もしっかりと貫録を感じます。







真剣なまなざしが良いですね!!














上の4枚を連続写真風に。一人につき3本の矢を射るので、実際にはその内で上手く撮れたものを組み合わせています^^;




次回も御弓始式の模様を引き続き。。。

CM: 6
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。