Fotofull Weekend [楽写]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

延命寺の続きです。境内の中でこの一角の佇まいが何だか気に入ってしまいました。







葉の落ちた木も枝ぶりが良く分かって良いものです。







お堂の後ろにも山が迫り、とても自然豊かな環境にあります。







先日、木の内側から撮影した紅葉を側面から。







オレンジの中で赤く色づいていた部分を。







高低差のある紅葉に囲まれているよう。














手水舎の龍も寺院によって色々特徴があって面白いですよね^^




延命寺からはもう一回。今日ようやく写真展の作品をプリント発注しました。初めて依頼したラボなので仕上がりが上手くいってくれるかドキドキです。。。
スポンサーサイト
CM: 2
TB: 0

南海高野線の渓谷沿いを ③ 


高野線の渓谷沿いの散策はレトロな「高野下駅」と別れを告げ再び次の駅を目指していると、赤い鉄橋が見えてきました。







ふと足元に目をやると、まだ新しそうなコンクリにクッキリと落ち葉の模様が!!







渓谷の上に架かる鉄橋に近づいて行きます。







鉄橋のすぐ先はトンネル。







近づいて見上げると、迫力が増しますね^^







鉄橋の下を通って、今度は反対側から。電車が来ないかなと暫く待っていると、







手前からやって来てくれました。丁度近くに綺麗に色づいた紅葉があったので引きの画を。













もう少し先へと進んだところから、紅葉を振り返って。







渓谷に沿って道路も蛇行しているので、また鉄橋とトンネルが見えました。




次回は渓谷の様子を少しだけ。
CM: 2
TB: 0

地元の紅葉めぐりは、引き続き延命寺からお届けします。こちらはもうしっかりと色付いていますね。














こうやって見ると色づき方も様々ですね。手前はオレンジ色が最高に鮮やか。







背の低いこちらの木もいい感じに色づいて、存在感を放っていました!!







手前の白っぽい枝垂れた枝をアクセントに。後ろの紅葉も良い枝ぶりです。







緑葉と黄葉が向かい合って、お互い引き立てあっているようですね。














5枚目の紅葉を木の内側から。







そして見上げると、おもわず「お~っ!!」と声を出しそうに。ここまで訪れた中で今年一番の光景を見る事が出来ました^^




最近なんだか、ずっと眠気が撮れなくて一日ボーっとしてしまいます。夜も眠りが浅いような。。。そろそろ写真展に向けて気合を入れないといけないのですが><; あっ、勿論仕事もちゃんとしないとね^^;
CM: 4
TB: 0

異人館への道 ~ 神戸北野異人館 ⑦ 


異人館シリーズの最後は、この日異人館へと向かうまでにスナップした写真たちを。
三ノ宮駅から歩いてまず立ち寄ったのは「生田神社」でした。神戸には何度も訪れていますが、ここを撮ったのは初めてかも。。。







以前訪れたのも震災よりも前なので、かなり久しぶりの参拝となりました。







朱色が眩しい位で、本殿の美しい造形にも改めて気づかされました。







神社を抜けて、何となく異人館の方角を目指しながら歩いていると、「ヤング衣料店」という何とも言えない名前の看板に目が留まってしまいました^^; 「ユーズド クローヂング」のカタカナ表記もちょっとツボでした^^







異人館にかなり近づいた場所で次に目に留まったのは、蔦に覆われた錆びた階段。「北野サーカス」は看板にも書いてあるように、アルゼンチンタンゴのダンスサロンのようです。ちょっと気にはなりますが、覗いてみる勇気は・・・^^;







異人館通りに入り、小さな小さなお店の佇まいがなんだか良かったので。何のお店だったかはよく分からなかったのですが。







他にもふと見上げたお宅の窓などもスナップしながら。







ラストは、前回の旧中国領事館へ向かう急な坂道の途中で見つけた一角を。独特な形に剪定された木に妙に惹かれてしまいました。




以上で異人館シリーズも終了です。流石にもう今年は行かないと思いますが、また来年も何回も訪れてしまうんでしょうねぇ(笑)
CM: 2
TB: 0

あわじ花さじきは、少しづつ日が傾き始め、斜光が花たちを輝かせだします。










































去り際に広い花畑をもう一度。







ラストは駐車場から見えた夕暮れの風景を。




以上で、仲間との楽しかった淡路島での撮影は終わりです。改めてご一緒頂いたmasaさん、saochanさん、mintさん、ありがとうございました!!
CM: 4
TB: 0

南海高野線の渓谷沿いを ② 


下古沢駅から川沿いの国道を歩いて次の「高野下駅」に到着しました。







何とも懐かしいというか、レトロな雰囲気が漂う駅舎。














十年近く前に一度、こちらの駅で降りた事があり、奥に見える椎出厳島神社で夏に行われる「椎出の鬼の舞」というお祭りの撮影で訪れていました。







線路と平行して流れる川を挟んで、紅ではありませんでしたが黄葉した木が向かい合っていました。







更に次の駅をめざし歩いていると、また電車の近づく音が聞こえてきました。高野山方面へ向かう線路は少しずつ勾配しています。
頑張って登っているような独特な高い音がして遠くからでも電車が来るのが分かり、スピードもかなり遅いので待ち構えやすいんです^^




今日は暑いような寒いような微妙な気候でしたね。服装も上着を脱いだり来たり、マフラーを付けたり外したりと忙しい一日でした^^;
CM: 4
TB: 0
紅葉シリーズの第二弾は、地元の紅葉の名所である河内長野三山の一つ、「薬樹山 延命寺」です。
この日は河内長野市内のバスの一日乗車券を購入して三山を巡りましたが、まず訪れたのがこちらです。
自宅の最寄り駅から「美加の台」駅までは電車で、そこから「延命寺前」まではバスで10分程度で到着します。
ただ延命寺前といいながら、バス停からは少し山道を進んでいかなければなりません。







茂みを抜けたあたり。セイタカアワダチソウが日陰で奥の山の紅葉に日差しが当たって、ちょっと面白い感じ^^







少し早目かなと思っていたのですが、延命寺の山門前に到着すると綺麗に色づき始めていて期待できそうな雰囲気!!







黄色い葉は、なんだかキラキラ輝くお星さまのように見えました^^














年月を感じさせる瓦の背景にも綺麗な紅葉。







赤というよりはオレンジ色の段階ですね。














境内から石段を上がったところにある蓮池の傍らにある石仏。







蓮池で一際存在感を示す銀杏もすっかり黄色に。





















そんな銀杏も下の方の枝の葉は落ちて、斜面を埋めていました。







石段の上の方から見下ろした紅葉が暗い背景に映えて、とても綺麗でした。




次回は下の境内をぶらぶらします。三連休の出だしは良いお天気で寒さも少し和らぎそうですね。
CM: 4
TB: 0

etc ~ 神戸北野異人館⑥ 


異人館の中からはこれがラスト。いつものようにテーブルセッティングも撮っていました。







その他にも色々。音楽に関係するもの2題。














こちらも良く撮影しているミシン台は、ちょっとフィルムチックな色合いで。







英国館のベッドの上には、こんな「贈り物」をイメージした飾りつけが。







色合いがとてもシックですね。











次回は異人館に到着する前のスナップをお届けしてシリーズの最終回です。
CM: 2
TB: 0

花の無いエリアは地面に縞模様が描かれていて、また違った楽しさを提供してくれていました。
生い茂る木々の向こうには綺麗な海が見えて、とても心地よい風景でした^^







3匹も引き連れてちょっと大変そうですね^^; でも犬たちが可愛らしかったので思わずシャッターを。







犬の散歩や、ツーリングなど楽しみ方は人それぞれ。。。







海も綺麗でしたが、広い空の景色もまた格別!!







蜘蛛の表情も豊かですね^^







そんな広い空の元、ご一緒した、saochanさん、mintさん、そしてmasaさん。







皆さん、とてもお洒落で画になります♪




あわじ花さじきも次回で最終回です。
CM: 2
TB: 0

南海高野線の渓谷沿いを ① 


11月の第2土曜日は、その前々週に訪れた高野山より手前の「下古沢駅」から「九度山駅」の間を散策に行って来ました。






先日の観光列車「天空」が走る区間の各駅には、「こうや花鉄道プロジェクト」の一環として、写真のような「花屏風」と呼ばれる花壇などが設置されています。







こちらが「下古沢駅」の駅舎。とても素朴で小さな無人駅です。







駅から下って直ぐの所なのですが、







このように渓谷が。今回はこの渓谷に沿って国道370号線を北上して歩いていきます。







暫く歩いていると、コンクリートの壁の下方が橋脚の様なアーチ状になっている場所がありました。ちなみにその上を南海高野線が走っています。








今回は一応紅葉をさがすのが目的だったのですが、思ったようには見つけられず。








とある踏切近くで、こういった木を見つけただけで嬉しくなっちゃいました。














電車が近づいてくる音が聞こえてきたので暫く待ち構えていると、







普通の通勤タイプの電車だったので、ちょっとガッカリ・・・^^;




次回は次の駅の「高野下駅」周辺を。
CM: 0
TB: 0

最後はやっぱり ~ 王子動物園 Last 


王子動物園はお猿さんを一枚貼り忘れていました。小さめの猿舎は工事中だったので、狭い部屋に仮住まいのワオキツネザルたち。
習性なのか狭い部屋の中で、さらに身体を寄せ合っていました^^







時間をさかのぼって、動物園に到着して最初に撮影した象さん。まだ人前に出る前の場所だったので隙間から狙ってみました。







動物園の中にある小さな遊園地の観覧車を。この日はまさに秋晴れの一日でした!!







最後はやっぱりパンダを撮らないとね♪ 丁度お食事タイムで、







大好きな笹の葉をムシャムシャ。







暫く粘って撮っていると、こちらの方に向いて動き出したので、パチリと!!




王子動物園は今回で最終回です。14-140mmだと少し短いかなあと思っていたのですが、動物園だと比較的近い所で見れるので、丁度良い感じで撮影できたかなと思います。
CM: 4
TB: 0

旧中国領事館 ~ 神戸北野異人館⑥ 


神戸北野異人館でも、一館だけ趣の違うのがこちらの「旧中国領事館」です。







置かれている装飾品も、当たり前ですが中国らしいもの。







テーブルセッティングの様式は西洋的なものも取り入れられていますが、小物の一つ一つはやはり「らしさ」が表れています。







ここでの一番のお気に入りは「茶器」達です。














窓からの光がいつも良い雰囲気で、特にお気に入りの場所。季節ごとに置かれているものが変えられているのですが、今回はこちらにも茶器が。














手前の小さな小さな急須がなんとも可愛らしくて、何枚も撮ってしまいました^^;




政治的には色々ある国ですが、ここでは関係なく楽しんで撮影させてもらっています^^
CM: 3
TB: 0

写真仲間との「あわじ花さじき」の続きです。サルビアの次はもちろんコスモスです!! レンズも70-210mm望遠ズームに付け替えて。














海を背景に、珍しい黄色いコスモスを。







一面のコスモスの中、良い構図を探し中のsaochanさん。














斜面を雪崩れるように。







その先にはこちらも一面のキバナコスモス。







下まで降りると上がってくるのが大変そうなので、また手前のコスモスを^^;







奥の方まで続く様子は、まるで天の川♪ そういえば「宇宙」の事も「cosmos」と言いますもんね^^




土曜は南海バスの一日乗車券を購入して朝から地元の紅葉めぐりをしてきました。朝早いうちはかなり寒かったですが昨日までよりは少し過ごしやすかったですね。
CM: 8
TB: 0

紅葉2014 ~ 高野山散策 Last 


高野山は引き続き金剛峰寺の境内からお届けします。こちらの高さのある紅葉も見事でした!!







順番は逆になりましたが、金剛峰寺へとつながる参道も高野山では人気のスポットですね^^







水平に広がりを見せるこちらの木も、とても風情を感じます。














紅葉の最後は、高野山への入り口となる女人堂の前で。







ケーブルカーで極楽橋駅まで下って来ると、橋本と極楽橋間で運行されている「天空」が停車していました。







これに乗って帰ったわけではないのですが、折角なので車内の様子をパチリと。高野山の風景を楽しめるように座席が同じ方向に向いています。







車両の両端は対面になっていて仲間でワイワイするにはいいかもですね^^




今年一つ目の紅葉撮影はこれで終わりです。ここ2日は冷え込みも厳しくなり、あちこちで紅葉が進みそうですね。
CM: 2
TB: 0

monkey! monkey!! 王子動物園 ④ 


王子動物園はお猿さん特集!! まずは吊られたタイヤで遊ぶチンパンジーからスタートです。







おっ、こっちに気付いてくれたようです^^







余りにもマジマジと見つめられると、照れくさくなっちゃいます^^;







一際風格のある彼は長老でしょうかね?







また別のお猿さんを超アップで!!







シロテテナガザルはいつも、あちこち飛び回っているのでなかなか撮るのが難しく、止まる瞬間を待ち構えて。














お猿さんのラストはボルネオオランウータン。とても寛容でなんでも受け止めてくれそうな表情ですね^^




現在小さめのサルたちの檻が工事中で、比較的大きいおサルさんがメインとなりました。
CM: 4
TB: 0

うろこの家、色々 ~ 神戸北野異人館⑤ 


北野異人館のシリーズもまだ続きが。流石に毎年行き過ぎているので、同じようなものも撮ってしまいますが
微妙に置き方が変わっていたり、光の感じなどが毎回異なるので、自分としては飽きはあまり感じていません^^;







ビューロの上の置物とかも前とは違っていたり、







人形の表情が変わっていたり・・・これは嘘ですが(笑)







今回の異人館での撮影で、一番家具やグラスの質感が出ているのではないかと思えた一枚です♪ G6の写りがなかなか良いのか
それともやはりTakumar 50mm f1.4の描写が良いのか。。。







このタイプライターも毎回撮っていますね。構図もあまり変わっていないかも。あとはピント位置を微妙に変えている位かな。。。







クロスプロセス的な現像で、絨毯の映り込みを印象的に。窓からの光の感じも丁度良い具合。







これもピント位置を色々変えながら毎回撮影しています。やはりこのレンズのボケ方が一番好きかも^^







そして玄関先のこちらのステンドグラスも大のお気に入りです!!




本文中にも書きましたが、微妙な変化に気付く楽しさも、この異人館での撮影にはあります。でも他の人から見たら、きっと「いつもと同じやん・・・。」と思われてしまうんだろうなあ。そこが辛いところです^^;
CM: 2
TB: 0

淡路島の最終目的地へとやって来ました。淡路島北部の丘陵に広がる「あわじ花さじき」です。
明石海峡や大阪湾を見渡せる高原一面を色々な花が彩ります。まずは通ってきた神戸淡路鳴門自動車道の橋を入れて。







今回はまず色々な色のサルビアからスタートです。







本当に一面というのがピッタリで、その色分けられた様子も見事でした!!







ブルーサルビアを主役に、少しずつ全体の雰囲気を。





















夏に見頃を迎えるクレオメも所々に残って、よいアクセントに。







そのクレオメをメインに、一緒に行った誰かの影響かカップルさん狙い^^;




次回は、やはり秋と言えばこの花!! を。
CM: 4
TB: 0

紅葉2014 ~ 高野山散策 ④ 


高野山の紅葉の続きです。一際色づいていたのがこちら。







手前の車のウィンドウにもクッキリと。







別の角度からも。







見る角度によっても表情がかなり変わりますね。







ここから金剛峰寺の境内へと。







金剛峰寺の中でも一番お気に入りの場所なんですが、ここはまだ少し早かったようです。







それでも色々な色が混じり合った様子も、結構好きだったりするんですけどね^^




今日は朝から雨。週末すべての日が良いお天気というのが、最近なかなか無いですねぇ。休息をとるには良いんでしょうけど、やっぱり何かつまんないなあ。。。
CM: 8
TB: 0

癒し系の動物たち 王子動物園 ③ 


王子動物園のつづきは、何だか見ていると癒される動物たちを。まずはつぶらな瞳のこちらから。







お食事中の赤カンガルーの子供。







癒し系と言えばのカピバラくん。スズメも一緒に、こちらもお食事タイム。







このヌボーっとした表情は何とも言えませんね^^







おとつい位にTVでも紹介されていた赤ちゃんカバの「出目吉」くん。











まだ人前に慣れていないのか、すぐにプールの奥の方の岩陰へ隠れるようにジッとしてしまいました。。。

CM: 6
TB: 0

10月の最後の土曜日は、写友のmasaさん、saochanさん、mintさんと4人で淡路島に撮影に行って来ました。
最終目的地に向かう前に、ランチを頂きに訪れたのは、洲本市内にある「洲本市民広場」です。その中に
「ARTISAN SQUARE (アルチザン・スクエア)と呼ばれる赤煉瓦造りの建物がありました。
元は紡績工場だった場所を地域の商業施設として再生したもののようです。







そんな赤煉瓦造りの建物の中にある「小空カフェ」さんへ。














お客さんが結構いらっしゃったので店内もサッとしか撮れませんでしたが、何枚か。







こんなふとした小物が気になっちゃいます^^;







で、僕と言えばやはり照明も欠かせません!!














店内の奥の方にはソファ席も。こういったちょっとした所がお洒落ですね。







そして僕が頂いたのは、こちらのトマトソースとチーズがタップリの「煮込みハンバーグ」のランチプレートです。







そして、食後のデザートも^^







カフェが入っていた建物とは別に図書館なども赤煉瓦造り。







現像の時に気が付いたのですが、良く見ると山の上の方に「洲本城」が見えていました。




横浜の赤煉瓦倉庫を彷彿とさせる、なかなか素敵な雰囲気の場所でした。この後は本来の目的地へと向かいます。
CM: 4
TB: 0

能登へのロングドライブも終わり、レンタカーを返却。そして金沢駅へと戻ってきました。駅の屋根はまるで空港を思わせます。







鼓をイメージした「鼓門」は大きな鳥居のよう。







来年春にはいよいよ新幹線が金沢まで繋がります。いずれは更に大阪へも繋がる予定ですよね!!







鼓門の脚組も撮り方で様々な表情を見せてくれます。







光の差し込み方も計算されているようですね。







金沢駅は日本の駅で唯一「世界で最も美しい駅14選」の一つに選ばれています。







ドーム型のガラス張りの天井は「雨傘」をイメージしているそう。







ラストはその美しい駅をリーニュクレールで。




2泊3日の石川の旅もこれで終わりです。1年越しで実現でき友人との交流も深められた素敵な旅でした♪ 写真の事だけ考えられる「旅」はやはり最高に楽しいですね^^
CM: 8
TB: 0

キリコ会館を後にして、能登のドライブも折り返し。






能登半島の東側の道を下って、最後に立ち寄った場所。







それはとある鉄道の駅。







看板には「鉄道郵便車」の文字。要約すると「旧郵政省が所有していた全室郵便車で、車内は郵袋室と区分け作業室をもち
郵便物を運ぶだけではなく走行中に区分までしていた」との事。







そんな「鉄道郵便車」が保存されているのが「能登中島駅」です。







ホームを覗くと青い車両に「〒」の赤い文字が見えました。







勿論現在は使用されていないので、ホームに停車した形で残されています。







無人駅だったのでプラットホームにまで出て何枚か撮影しました。














昭和44年に製造。東京~北海道間で郵便輸送に使用され、鉄道郵便が廃止された昭和61年までの17年間活躍しました。














そろそろ帰りの時刻が近づいてきたので、「能登中島駅」に別れを告げ金沢駅を目指します。




石川の旅もいよいよ次回で最終回です。
CM: 4
TB: 0

紅葉2014 ~ 高野山散策 ③ 


高野山散策の続きは、霊宝館の外から、木々の間から覗く紅葉を。







上とこちらは丁度、最初に掲載した駐車場側から見えた紅葉になります。







逆光に透過する紅葉は特に美しいですね。














金剛峰寺の敷地の道路に面した銀杏はいつも見事です。







これまであまり通っていなかったのですが、上のメイン通りとは反対側の金剛峰寺の裏通りにも様々な寺院があります。
こちらは門前に「修行中」とあり、境内の中に入ることが出来なかったので、門の外から本堂裏の紅葉を狙って。








また別の寺院。こちらも本堂の裏山に見える紅葉を。







風情のある川沿いの通りを、更に紅葉が彩ります。




昨晩は台風の時のような強い風が吹き荒れていました。紅葉前の葉が落ち葉になっていなけれないいのですが。このところ何故か三連休になると天気が安定しないですよね。。。今日は天気は持ち直しそうですが、ちょっと寒そう><;
CM: 6
TB: 0

前回掲載時はクライマックスシリーズを制した時で、もう既に日本シリーズも終わって少し間が空いてしまいましたが、王子動物園の続きです。オジロワシの檻の近くにいたのは「ホンドフクロウ」のつがい。互いに逆方向に身体を向け周りを警戒しているのでしょうか。







猛獣エリアに戻りますが、前回のトラに続き撮影したのは「ユキヒョウ」。その白い毛並みからか、猛獣の怖さが和らいで見えますね^^














もう一頭が横に並んで。最初からいた右側がオスに見えますが、実際はどうか分かりません^^;







(多分?)オスの方が目線をくれました!!







ジャガーも岩場でまったりモード。







ちょっとリラックスし過ぎでは・・・^^;







更にリラックスしていたのはメスライオン。安心しきった寝顔ですね!!







そんなメスの隣ではオスライオンが珍しく起きてくれていました^^ いつもはオスメス仲良く頭を突き合わせて寝ている事が多かったので、今回はラッキーでした♪




三連休の前日に、職場でレイアウト変更がありパソコンやプリンタの移動をしたのですが、そのあと腰から背中にかけて少し痛みが><; まあ筋肉痛だと思うのですが、明日は雨も身体も少しは回復すればいいな。。。
CM: 4
TB: 0

石川の旅は3日目の能登半島ドライブ。千枚田から向かったのは「キリコ会館」です。キリコとは能登地方の夏秋のお祭に
各町内から神輿のお供に担ぎ出される巨大な御神灯の事。







館内も、その巨大なキリコに合わせて高い天井になっています。







そんなキリコが並ぶ様子は壮観です!!







カラフルな提灯もお祭り気分を盛り上げてくれます^^







キリコの裏側に回っていきます。







近くで見上げると、その背の高さをより実感できて大迫力です!!







手前の行燈を活かして。装飾も細かな所までとても凝っていますね。







他にも、こんな小さなキリコも。きっと子供たちが曳くのかな^^














真っ赤な帆が印象的な舟がありましたが、これも曳かれるのかな?







会館は2階もあって、高い位置からも下を見下ろせるようになっています。














最後はまた下に降りて、正面から。




夏の終わりから秋にかけて行われるキリコ祭りですが、旅の期間は丁度その端境期^^; もう少し旅の日程が前後できていたら、実際のお祭りでみる事が出来たと思うと残念でなりません。。。こうやって展示を見るだけでも嬉しかったのですが、今度はやはりお祭りの時期に是非見てみたいなあ。

CM: 3
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。