Fotofull Weekend [楽写]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

2回目の白崎海岸 Last 


水仙を撮る目的を一応果たし、帰路へ。海洋公園から最寄りのバス停までは少し距離があるので、来た道をまた暫く歩いて戻ります。
反対方向から見る岩は、また違った印象に見えました。奥の左側は何だかカエルに見えてきたり。。。







バス停に着いても、次のバスまで30分近く待たなければならなかったので、周辺をもう少しぶらぶらと。







釣り好きの人は本当に何処にでもいますね^^














バス停に戻ろうとした時に、ネコ発見!! ちょこちょことこっちを気にしながら、もう少し近づこうと思ったら逃げちゃいました^^;







帰りのバスは駅に着くまでずっと一人でした。で、由良駅のホームでも一人^^;







でも今度はタイミングよく、電車がすぐに。普通電車ですがなかなか格好が良く、新しいタイプの電車なのかな?




以上で白崎海岸シリーズは最終回です。目的だった水仙がタイミングを外しちょっと残念な感じだったので、翌週にもっと身近な場所でリベンジしてきました。
次回からはそちらの模様をお届けして行こうと思います!!

スポンサーサイト
CM: 2
TB: 0

2回目の白崎海岸 ⑤ 


2度目の白崎海岸ですが、今回の目的はこちらの水仙でした!! 海洋公園から少し坂を上った海を見下ろす場所に群生しています。
水仙は由良町の町花にもなっているようです。ここは約10万本と、淡路島の灘黒岩水仙郷の500万本ほどの規模ではありませんが
「黒岩」に対して「白崎」と地名が図らずも対照的な所も面白いなと思いました^^







白崎の水仙は八重咲きのものと、こちらも黒岩とは対照的。







急な斜面に咲いているので、こちらも海を背景に撮影する事が出来ます。







本当は崖の下の方まで花があるのですが、ちょっと行くのが遅かったのか下の方は終わりかけ。。。








辺り一面の水仙とは行きませんでした><;







なので、上の方で花がまだ綺麗なものを選んで。







今度行くときはもう少し早目にチェックして、また訪れてみたいと思います。




次回、帰りがけの模様をお届けして最終回です。

CM: 7
TB: 0

2回目の白崎海岸 ④ 


白崎海洋公園の展望台から空を見上げると、トンビ(?)が悠々と大きな羽を広げて。







50mmではちょっと遠すぎましたが、MFで狙った割には結構ピントが来てくれました^^







空が気持ち良かったので、何となく。







上の建物の先はウッドデッキになっていて、その下にはカヌーが。たしか、前回も同じものを撮ってましたね^^;







そして、丁度お昼頃だったのでこちらも前回と同じく「DeckCafe」でランチを頂きました。







海洋公園を後にして、直ぐ近くなのですが今回の本来の目的である場所へ向かいます。




月曜の午前中は何だか風邪っぽく頭痛がしていたのですが、早目に薬をのんだら午後には回復していました。普段あまり薬を飲んでも効いているのかどうか
良く分からないことが多いのですが、やはりちょっと変だなと思ったら早目の対処が大事なんだなあと、改めて感じました^^

CM: 2
TB: 0

2回目の白崎海岸 ③ 


平日は、また白崎海岸のシリーズに戻ります。大きなカーブを曲がると白崎海岸の名の通り、白っぽい大きな岩島が見えてきます。






光の具合ではグレーのような色に。







ジッと見ていると、何だか生き物のようにも見えてきたり。。。







波打ち際には大小さまざまな形の岩石が。






釣り人の大きさと比べると、よりそのダイナミックさが感じられます。







浸食が繰り返されて出来上がったその姿は、一つのアート作品のようでもあります。またこの先も、その姿を長い年月をかけて変えていくのでしょうね。







そんな岩山のトンネルを抜けると、白崎海洋公園があります。







こちらは公園内に入って展望台の上からの一枚。




今回の目的地は海洋公園ではなかったのですが、折角なので次回は公園の様子をもう少しだけ。

CM: 2
TB: 0

温室の光と影 ~ 花の文化園 ② 


今日も引き続き文化園の温室から。珍しい(?) 黄色い包葉のブーゲンビリア。アンダーで撮ると明かりが灯っているよう^^







透過する葉とアクセントに赤い花。







ミノムシのように糸で吊り下げられた、ちっちゃな多肉植物。







ここからは一転してハイキーで捉えた温室の花たちを。







Jupiter-9の丸ボケも活かして♪







最近温室で良く撮っているセントポーリア。







白いショーケースの扉をぼかして優しい雰囲気で。




温室以外にも色々撮っていますが、また他のシリーズが終わった後で。昨日しっかり撮影したので、今日は暖かくてお出掛け日和なのですが家でのんびりして過ごしました。

CM: 2
TB: 0

温室の光と影 ~ 花の文化園 ① 


白崎海岸を一休みして、今年に入ってからまだ訪れていなかった花の文化園での本日の撮影の模様を。午前中は別の場所で撮影していて
昼食を花の文化園のレストランで済ませた後、最初に温室に向かいました。

いつもと同じでは面白くないので、まずは背景を可能な限りアンダーにして被写体の煌めきを捉えたものを何枚か。




























ここから少し背景にも光を。







温室では、こういった光を透過する葉っぱに狙いを定めるのが僕の定番です。














しっとり濡れた葉に柔らかな光が差して。







こちらは葉の影が棚に映る様子が面白かったので。







今回のラストは再び光を透過するオレンジ色の葉を。




今日は朝から青空も見えて、寒さも少し和らいだのでお出掛け日和でしたね!! 午前中は大阪で唯一の村の千早赤阪村へ。村役場のすぐ近くにある
「水仙の丘」に行って来ました。例年は2月頃に見頃を迎えるようで、少し早いかなと思っていましたが、ラッキーな事に丁度見頃でした♪ 
もし明日の予定が決まっていない方はおススメですよ!! 今日は足元が結構ぬかるんでいたのでお出掛けされる方は汚れてもいい靴が良いかもです^^

CM: 6
TB: 0

2回目の白崎海岸 ② 


引き続き海岸沿いを歩きます。







何かここに建造物があったのでしょうか? でも何だったのかはさっぱり^^;







波も静かで、のんびりとした空気が流れていました。







手前の砂浜は小さな海水浴場になっているようです。







そのすぐ隣には、高い防波堤に護られた漁港が。







釣り客を乗せるための船とかが多い感じでしょうか。




この先から「白崎」と名の付く由来のような島々が見えてきます。そちらはまた次回。

CM: 2
TB: 0

2回目の白崎海岸 ① 


この前の日曜日は今年初の和歌山方面へ。今回は電車を利用して、南海の三国ヶ丘からJRに乗り換え和歌山駅経由でまず辿り着いたのは「湯浅駅」でした。
ここで目的の駅に向かうために乗り換えで30分近く時間があったので駅構内でスナップ!!







そして目的地の最寄り駅の「紀伊由良」駅にやって来ました。隣の駅名「広川ビーチ」が平仮名で書かれていたのがメチャ可愛く見えたので思わず一枚^^;







駅から最終目的地の白崎海岸まで7kmほど距離があり、バスも通っているのですが本数も少なく、この日は何だか歩きたい気分だったので徒歩で向かう事に。
最初の方は少し山道を通るのでしんどかったですが、暫く歩くと海沿いの通りへと出てきました。
道中色々とスナップをしながら、まず目に留まったのがこちら。これは多分網を引くための道具の一部かと思います。







歩き始めは曇り空だったのが、暫くするといいお天気に。







さらに先へと歩をすすめます。今回は海岸沿いの草木たちが気になって、画になりそうなものを見つけては立ち止まり撮影していたので、その中から5枚ほど。
































次回も白崎海岸をめざし海沿いを歩いていきます。

CM: 4
TB: 0

再び奈良へ ~ 「高畑町界隈」 Last 


志賀直哉旧居を出てすぐ横あたりにあるお宅には、丸に「御」の字の暖簾。どういった意味合いなんでしょうね?
格子戸の影が透過する様子が面白かったので、思わず。







抜けるような青い空と白っぽい冬木立の組み合わせも、なかなか良いものですね







更に高畑の町をぶらぶらしていると、あるお宅の塀に竹が立て掛けてあり、良く見てみると「二月堂 松明竹」と書かれています。
お水取りの時に使われた松明だったんですね!!







新薬師寺の辺りを回り込んで行くと、美術館のような建物が。「山の辺の道」の写真でも有名な「入江泰吉記念奈良市写真美術館」でした。
今回は中には入らず外からのみです。。。







ぐるっと散策して、再びお昼を頂いた「コバト」さんの近くまで戻ってきました。ある一角だけ煉瓦塀が連なるちょっと不思議な雰囲気の長屋住宅。
家は完全に和風なのに何で塀だけ煉瓦造りなんでしょうねぇ?







高畑町から、ならまちの方面へ向かう途中で見つけたのは「頭塔」と呼ばれる土製の塔です。高さ10mほどで7段のピラミッド状の形をしていて
東西南北にそれぞれ石仏が配置されているそうです。ピラミッドと同じようにお墓のようなものなのでしょうかね。。。
あいにく見学する受付が閉まっていたので、近くでみる事が出来ませんでした。このワンカットではわかりにくいですよね^^;







更にならまちの方へ進むと、「名勝大乗院庭園文化館」があります。休憩所のような場所になっていて、中からガラス越しに大乗院の庭園を眺める事ができます。
庭園の朱色の橋の向こうに見えているのは「奈良ホテル」です。







高畑町のラストは簾の揺れる町家を。




高畑町は春日大社や奈良公園の丁度裏手に当たりますが、意外と知らない方たちが多くて穴場的な存在なのでしょうかね? 
僕にとっては結構定番の場所なんですが。。。奈良公園まで行かれたら折角なので是非一度歩かれてみては^^

CM: 2
TB: 0

再び奈良へ ~ 「高畑町界隈」 ③ 


志賀直哉旧居からは最終回。







ダイニングの奥にあるサンルームの床はタイル張りになっていました。







大きな照明も珍しいデザインですね。







天井に設けられたガラス窓から気持ちの良い青空が覗けました♪







サンルームから続く和室。一つ一つの部屋は大きくないのですが、想像以上に沢山の部屋があります。







こちらからも中庭を眺める事が出来ます。














ラストは裏庭に出ての一枚。ここに来ると毎回思うのは、ダイニングやサンルームのモダンさ、表の庭、中庭そして裏庭と敷地的にも広くて、ちょっと羨ましい位の裕福な暮らしぶりだったんだなあという事です。




次回は旧居の周辺の様子をお届けして高畑町界隈も最終回です。

CM: 2
TB: 0

再び奈良へ ~ 「高畑町界隈」 ② 


志賀直哉旧居は一番好きなダイニングへとやって来ました。







窓からの光がテーブルの上に。







テーブルの周りには椅子がずらり。こんなに人が集まるお宅だったのでしょうかね?














ダイニングからも中庭が眺められるようになっています。







こちらにも水仙の生け花が。







窓越しに見えているのは、今で言うサンルームのような場所。







開放がF3.5とそれほど明るいレンズではありませんが、ボケ具合と窓のガラスへの微かな映り込みの雰囲気がなかなかいい感じに♪




やっぱりこういうものを撮っている時が、僕的には一番ワクワクする瞬間であります^^ 次回は裏庭に面したサンルームの様子を。

CM: 4
TB: 0

再び奈良へ ~ 「高畑町界隈」 ① 


先週の日曜日は再び奈良方面へ。今回は高畑町界隈を歩いて来ました。お昼少し前だったのですが、まずは腹ごしらえという事で
出掛ける前に調べておいたカフェへ直行しました。訪れたのは「コバト」さんです。落ち着いた雰囲気の店内で、若い女性が一人で切り盛りされていました。







早目に行ったので中も撮れるかなと思っていたら、同じように早目に2組のお客さんが直ぐに入ってこられたので店内は撮影できませんでした^^;
構図は適当ですがオーダーしたランチだけは一枚。メインはミートボールのシチューでした。コクがあってなかなか美味しかったですよ♪







早目のランチを終えて、すぐ近くの志賀直哉旧居へ。ここへは何度も行っているのですが、高畑に来るとついつい寄ってみたくなるんですよね^^
まずは二階の部屋から前庭を見下ろして。







同じ二階の部屋。障子は普通ですが、窓枠が変わった形をしていたので。







一階に降りて部屋の窓を額縁に庭の様子を。





















水仙の生け花に季節を感じますね^^




次回は志賀直哉旧居でも一番のお気に入りの場所を。

CM: 8
TB: 0

大和神社 Last 「御弓始式」 その二 


次の写真に行く前に、こんなのも挟んでみました。







ここからは枚数も多いので、いつものコラージュで一気にお届けして行きます。画像をクリックした先でのスライドショーでは、個々の写真も
アップしているので宜しければご覧ください^^

学生に続いては装束を身にまとった皆さんの登場。その中に外国の方もいらっしゃったので、そちらに注目して狙ってみました。





















全ての弓引きが終わり人垣も少し緩和され、ファインダーでの撮影が出来る状態になったので構図を色々変えて。














帰りがけ、垣根の間から。




お正月休み最後の日に、こういった神事を見る事が出来て気持ちが何だか引き締まるような撮影となりました。


CM: 6
TB: 0

大和神社 ② 「御弓始式」 その一 


今回見に行ったのは「御弓始式」という神事でした。魔除けと豊作を祈り弓打ちが行われます。

山の辺の道の散策で少し出遅れてしまい神社に戻った時は既に沢山の見物客で賑わっていた為、人垣の後ろからバリアングル液晶を開いて
腕を伸ばした状態で、しかもカメラにセットしていたのはMFレンズだったので、最初の内はコツがつかめず、ピントも構図も外し気味^^;














最初はあちこち撮影場所を変えていたのですが、心を決めてこの後はずっと僅かに合間から見れるこの場所で撮影しました。
それでもやはり腕を伸ばさないといけなかったので、撮ってはピント位置を確認し、また撮ってを繰り返し、結果としては何とか
満足できる撮影をする事が出来ました^^ 県下の弓道連盟に属している方々が小笠原流の古式に則り矢を放って行きます。

歳の若い順のようで、まずは小さな男の子から。








見た目はあどけなくて可愛らしい感じでしたが、弓を射る姿はなかなか凛々しく見えました^^







少し年齢が上がって中高生くらいでしょうか。







流石、作法もしっかりと貫録を感じます。







真剣なまなざしが良いですね!!














上の4枚を連続写真風に。一人につき3本の矢を射るので、実際にはその内で上手く撮れたものを組み合わせています^^;




次回も御弓始式の模様を引き続き。。。

CM: 6
TB: 0

大和神社 ① 「山の辺の道」 


今年の撮り初めを行った次の日に再び奈良方面へ出掛けてきました。







あるものを見に来る目的で訪れたのは、天理市にある大和神社。最寄りはJR桜井線「長柄(ながら) 駅」になります。
「大和神社」と書いて何故か「おおやまとじんじゃ」と読みます。こちらの神社には「やまと」の名のつながりで、1945年に
沖縄沖で沈没した際に亡くなられた2717名の英霊が合祀されていて、境内には「戦艦大和記念塔」も建てられていました。







この日は午後からとある神事が行われ、11時頃から「ぜんざい」が振る舞われる事を調べていたので、その時間に合わせて訪れてみました。







神事が始まるまで暫く時間があったので、奈良盆地の東南にある三輪山のふもとから東北部の春日山のふもとまで山裾にそって続く
「山の辺の道」と呼ばれる道の一部を歩いてみる事にしました。(以前にも一度、朝倉駅から三輪駅の間を歩いた事があります。)







大和神社から一番近い山の辺の道には「萱生(かよう) 環濠集落」 とよばれる所があり、現在も一部残っている環濠を見る事が出来ました。














環濠集落から、もう少し山の辺の道を歩きました。











次回は大和神社に戻り、神事の様子をお届けして行きます。

CM: 0
TB: 0

2015年 撮り初め ~ 長谷寺 Last 


1回目に本堂の舞台から見下ろした本坊から、今度は本堂を見上げます。







寒牡丹の藁笠に雪が被っているのを期待していたんですが、思ったほどの雪で無かったのが残念^^;







苔むした木の幹のくぼみには僅かに雪が残って。







境内を出て、参道にあるお店でコーヒーを飲みながらちょっと休憩。
寒いのに外に出たそうなネコが=^・^= この後お客さんが来たタイミングを見計らって、まんまと脱走して行きました^^ 







日も傾き始め、来た参道を引き返していきます。














ラストは近鉄の長谷寺駅のホームから望む夕景を。




以上で長谷寺からもお別れです。ご心配頂いております首肩の方は相変わらずの状態><; 仕事してても全然集中出来ないので
今日は行けなかったので、明日起きて改善が見られなければ半休もらって病院にでも行ってこようかと思います。。。

CM: 2
TB: 0

2015年 撮り初め ~ 長谷寺 ② 


引き続き長谷寺より。







お坊さんたちがお経を唱える本堂の内舞台の雰囲気が僕のお気に入りです。














本堂の裏手にあるお地蔵様は立っているものと座っているものがあります。こちらにも雪が薄らと残り、お地蔵様も少し寒そう><;







本堂の傍らにあるちいさなお堂前には、可愛らしいネズミのおみくじ♪ ネズミは大黒様のおつかいらしいです^^














少し下って、本堂の正面を見上げられるポイントへ。長谷寺の本堂はとても美しい姿だといつも思います。




長谷寺からは、あと一回続きます。3連休に入ってから、左の首から肩にかけて痛みが次第に強くなって、殆ど首が回りません。
特に横になって起き上がる時にメチャクチャ痛くて難儀します><; 鎮痛用テープを貼ってもいまいち効いていないような。。。
単なる寝違いならいいのですが^^; 右の二の腕は昨年あたりからずっと五十肩だし、気は若いつもりでもやはり歳なのかなあ~。

CM: 6
TB: 0

2015年 撮り初め ~ 長谷寺 ① 


等持院からJR京都駅に戻ったのは丁度お昼時。昨年の大晦日は「年越し蕎麦」では無く、「年越し焼きそば」(笑) だったこともあり
近鉄京都駅の駅蕎麦で年明け蕎麦(?) の昼食を済ませ、次に向かったのは奈良の長谷寺です。

参道ではおこわ饅頭が美味しそうな湯気をたてていました^^







京都は例年にない大雪だったので、てっきり奈良も凄いのかと思っていたのですが、軒の瓦に薄ら残る程度。







参道を進むと長谷寺の本堂が見えてきました。







登廊には大晦日の夜から元旦にかけて行われた観音万燈会の行燈が残っていました。







万燈会も一度見てみたいのですが、大晦日は実家に帰っているのでなかなか難しいんですよね^^; でも来年は3日位まで行われるという話もあるのでその時は!!







本堂の舞台から屋根に雪が薄く残る本坊を見下ろします。本坊の裏山の冬木立に柔らかな日差しが当たりとても綺麗で暫し見入っておりました^^







そして冬木立の間から覗く五重の塔も、普段と違う風情があって何だかより美しく見えます。




長谷寺からも何回か続きます。昨日は一日家でのんびりしていたので、今日はまた奈良まで出掛けてきました。午前は時々雨がぱらつき寒かったですが
午後からは時折青空も顔を出して歩いていても気持ち良かったです♪

CM: 2
TB: 0

2015年 撮り初め ~ 等持院 Last 


池泉回遊式の庭から、雪に映える赤い実を。














庭を楽しんで、等持院とはお別れ。














来た道を戻り、再び京福電鉄の等持院駅へと戻ってきました。














ミラーを利用して向かい側のホームを。







上を撮っていると反対方面への電車が着いたので、もう一枚。














ラストは、JR嵯峨野線の太秦駅に戻ってきてホームからの一枚を。




等持院への行き帰りは以上です。京都駅に戻ってもまだ時間が早かったので、少し時間が掛かりますが近鉄でのんびり昼寝を兼ねて奈良方面へと向かいます。
3連休の初日は曇り空で予報よりも寒く感じました。寒くてもお天気さえよければ出掛けようかと思ったのですが。。。

CM: 4
TB: 0

2015年 撮り初め ~ 等持院 ④ 


前回のお庭は「達磨図」に向かって右側にありました。







今度は反対の左側にあるお庭へ。







奥に見える茶室の茅葺屋根や、植え込みも雪の帽子をかぶっている様^^





















座敷の床にカメラを置いて一枚。







池泉回遊式庭園になっており、庭に降りて回る事が出来るのですが、雪がちょっと多すぎて今回は座敷から楽しみました。




次回ももう少しこちらのお庭から。

CM: 2
TB: 0

2015年 撮り初め ~ 等持院 ③ 


禅宗の開祖である達磨大師を描いたこちらの「達磨図」をみて、「あっ、ここか!!」 と思われた方も多いのでは?







離れた位置からでも迫力がありますが、近づくと更に!! でも目線を外している所が、何か可愛らしくも見えたり^^







1枚目は「SMC TAKUMAR 50mm F1.4」 での撮影。2枚目、3枚目はコンパクトカメラの「STYLUS XZ-2」で。







上でも少し見えていた表側の庭も一面の雪に覆われて。





















雪の地面に映る影に目が留まり。







普段の庭でもきっと落ち着くのでしょうが、雪のある庭はまた違った意味で心が落ち着く雰囲気を持っているように思いました。




次回は本堂を回り込んで、もう一つのお庭へ。

CM: 2
TB: 0

2015年 撮り初め ~ 等持院 ② 


雪道を歩いて等持院までやって来ました。この錆の筋が何本も入った看板を到着早々に見て 「あっ、これは場所の選択を誤ったかな? 」 と不安な気持ちに^^;







山門の中はまだ人も少ないためか雪も殆ど融けずに残っていました。







外の看板とは裏腹に、境内はとて綺麗にされていて、ひと安心^^














雪は積もっていますが、風はあまりなく青空も見えて心地いい感じ。







それでは院の中へ。







光の雰囲気が良かったので、上の奥に見えていた応接間をクローズアップ。




次回は、これを見たら「あっ、ここか!!」 という方も多いのではと思うあるモノを。

CM: 4
TB: 0

2015年 撮り初め ~ 等持院 ① 


お正月2日間も軽く撮影はしましたが、本格的な撮影は今年初めてという事で、3日の朝実家から自宅へ戻る前に京都へ。
何処へ行こうか迷ったのですが、なるべく人の少ないであろう場所を探し決めた目的地は北区にある「等持院」です。

JR京都駅から嵯峨野線に乗り換え「太秦駅」へ。そこから京福電鉄の「帷子ノ辻駅」まで徒歩で移動します。
写真はその「帷子ノ辻駅」へ向かう道中からスタートです。

元旦で雪は終わりかと思ったら2日も晩に雪が降り、実家のある高槻も積もったので京都は勿論ご覧の通り^^;
京福電鉄の線路も雪に覆われていました。







車道は少し雪が融けて、それでも少し凍っていたので転ばないように注意しながら線路沿いの道を。







踏切の向こうに見える重機の屋根にも分厚いく雪が積もっています。







帷子ノ辻駅から、京福電鉄に乗り換え「等持院駅」へとやって来ました。予想通り駅に降り立ったのは僕だけ^^







乗ってきた電車を寂しく見送ります。。。







等持院へは駅を出てすぐの、こちらの味のあるたばこ店を左に進んで行きます。







途中でふと見上げた木の枝も、たっぷり積もった雪で重たそう・・・><;







道を突当り、こちらの居酒屋を今度は右へと進んで程なくすると等持院へ着きます。




次回は等持院から。正月休みの最後の今日は自宅でのんびりしようかと思いましたが、結局奈良の方まで出掛けてきました。
明日から仕事始め。月初は普段でも一番やる事が多いので、休みボケとか多分直ぐに吹っ飛んでしまいそうです^^;

CM: 8
TB: 0

正月、実家にて 


29日から実家に帰り、今日の晩に自宅に戻ってきました。実家では久しぶりにのんびりと。特にする事もなかったので時々庭に出たり、家の中のモノを撮ったり。
年末は日差しも届き庭も穏やか。室内では蘭も咲き始めていました^^






元旦は、ちょっと奮発して買って帰った河内長野の地酒「大吟醸 天野酒」とおせちに舌鼓♪







穏やかないい正月だなあと思っていたら、昼過ぎから雪がちらつき始め、気が付くと庭木も雪化粧!!







夕方にはとうとうこんな状態に><; ここまで積もったのは初めてかもしれません。。。







翌朝起きて、庭を見てみると10cm以上は積もったようです。







近くのコンビニにタバコを買いにいったついでに、外の様子もスナップしました。




早いもので正月休みもあと1日ですねぇ~>< 明日は少し暖かくなりそうですが、休み疲れを癒すべきか、撮影に出掛けるべきか。。。

CM: 4
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。