Fotofull Weekend [楽写]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

久しぶりに「XZ-2」だけで街スナップ ① 


明日は本降りの雨との予報で、出掛けるなら今日のうちにという事で、地下鉄中央線本町から一駅の「阿波座」で降りて向かったのは2月18日にオープンした
「中之島漁港」です。「中之島ゲートエリア魅力創造基本計画」の一環として、日本全国各地の漁場より新鮮な旬の魚介を「活きたまま」集め新鮮で安全な魚を
提供する場所とのこと。近くには業者向けの大阪中央卸売市場がありますが、この「中之島漁港」は一般のお客様向けの鮮魚取引所な訳ですね^^







先週はオープニングのイベントなどもあって沢山の人が訪れていたようなので、今週もまだ多いかなあと思っていましたが、ゲート付近はなんかそれ程でも。。。







規模もそれ程大きいわけでもなく、泳ぐ鮮魚を買い求められるのはこの大きさのテントだけ。














他には「中之島みなと食堂 」というのが併設されています。食堂と言っても敷地内の野外にテーブルと椅子を並べているだけのようでしたが
それでも今日も2時間待ちという事で断念しました^^;







食堂はこちらのデッキの下にありますが、こちらのデッキでも簡易的な器で販売されている海鮮丼や上の写真のように焼いたお魚を(立ち食いですが)食べる事も出来ます。それでも仕込みが少なかったのか、海鮮丼が既に売り切れていたようで。。。




もう少し設備が整った場所なのかなと期待していたのですが、僕の印象としてはちょっと残念な感じでした^^; それでも新鮮な魚は手に入ると思いますので
ご興味のある方は一度覗かれてみては。この後は中之島沿いをコンデジだけで色々スナップしていますので、続きはまた次回。

スポンサーサイト
CM: 4
TB: 0

今度はキリッと文化園 Last 


チン電での散策の最終回の前に、花の文化園の最終回を。一週間前に見た時よりも花の黒い目のようなものがハッキリとしてきたジャノメエリカです。







一つ一つは本当に小さな花ですが、無数に集まって表現されるその色彩が、とても素敵ですね^^







前回も撮影したドウダンツツジ。バックの石との相性が良かったので。














そして早春を感じさせてくれるのは、やはり菜の花ですね!!







冬木立を背景に、まさに冬と春の狭間と言った感じ。







そしてラストはスノードロップです。こちらも春を告げる花に相応しい可愛らしさがありますね♪



CM: 2
TB: 0

出掛けたはいいものの・・・ ③ 


浜寺公園駅を撮影するのが一つの目的だったのですが、折角なので浜寺公園も少しだけ歩きます。














こういう種子を見つけると、ついつい撮りたくなってしまいます。







透明感のある冬の青空も心地よく。







かなり大きな浜寺公園には夏場はプールも。クジラの滑り台の頭の上には、潮を吹く様子を模した照明が^^







季節が合えばバラ園なども有名なのですが、この時期はあまり見所がなかったので、再びチン電に乗って引き返します。




次回は堺市内の「御陵前」駅で下車して、とある寺院へと。

CM: 2
TB: 0

今度はキリッと文化園 ⑥ 


温室からは最後です。葉と葉の間から顔を出す様子が、何だか可愛らしい鮮やかな蕾。







こちらも葉っぱに身を隠すように。







とても優しい色合いのベゴニア。葉も他のものに比べて淡い緑ですね。







最近温室に来るといつも撮影しているセントポーリアの鉢植え。







タイトルは「キリッと」ですが、この一枚は開放付近でハイキーにして柔らかい雰囲気に。




次回は外に出て、このシリーズも最終回です。

CM: 4
TB: 0

今度はキリッと文化園 ⑤ 


再び花の文化園の温室に戻ります。今回は被写体のピントがあった箇所の精細さを、より感じられるものが揃っているのではないかと思います。




























物欲は尽きねど、今はブログ程度の大きさの写真なら、安く手に入れたこのG6でも何の不満もないかなと。写真(カメラ)はやっぱり「レンズ」に尽きるなあ
と思う次第です。だからやっぱり良いレンズが欲しい~ぞっ!! (結局そっちの物欲は尽きず・・・^^;)




残業調整で今日は少し早目に仕事を終えて、カメラ屋に寄って物欲がかなり上がってしまったので、上のような事を書いて物欲を抑えようとしたのですが^^;

E-M5 markⅡも発売されたばかりで、実物を見たくなってそれが目的でもありました。正面から見ると高さが抑えられた分、少しワイドな印象に見えました。
正面からはカッコいいなあと思ったのですが、軍艦部が少々ゴチャゴチャしてるなあという印象。新キットレンズを含め質感も思った程ではありませんでした。

最近のカメラは、色々な機能を求めた結果かボタンとかが多くなりすぎているような気がします。自分的にはOM-D3兄弟の中ではE-M10のスッキリとした
デザインが一番好みかも。シンプルなデザインという意味では、GMとか最近のパナの小型ミラーレスは結構好印象。あとは大き目のダイアル類が軍艦部を
占めてはいるものの、そのサイズがボンボンボンと揃い潔さを感じるのがX-T1。反対にスッキリし過ぎで間延びした感じに見えたのが同じフジのX100T。

他に意外に心動かされたのが、シグマのdp quattoroシリーズ。出た時は何じゃあれと思ったのですが実際に見て手にしてみると、一見横長で間延びして
いそうなのですが、デザインや質感も物としての格好良さを一番感じたのがこれかもしれません。僕の持っているXZ-2 以来久しぶりに出会った感じです。
dp3 quattro が出るとちょっとヤバイかも。。。フルサイズもいつかはと思うのですが、quattro ならそこに拘らなくてもいいような気がして・・^^;

あれっ「カメラはレンズ」って、さっきまで言っていた人は何処へ・・・!? 
(でも近い将来のペンタックスのフルサイズ機に向けて、今のうちからFAレンズを揃えておくのも有りかなとも^^)

CM: 2
TB: 0

出掛けたはいいものの・・・ ② 


今日も引き続き昨日のお出掛けの模様を。阪堺電車の終着駅「浜寺駅前」へとやってきました。







折り返しの「天王寺駅前」行き。車体以外をPicasaの機能でモノクロにしてみました。







こちらの一枚も、Picasaのエフェクトでシネマ風に。手前の標識で顔が半分隠れてしまいました^^;







駅自体もかなり古い感じでしたが、駅前の食堂もレトロ感満載でいい味を醸し出して。







上の「浜寺駅前」も名前に「駅前」と付いてていましたが、その理由は少し歩いた場所にあるこちらの南海本線の「浜寺公園」駅があるからです。
明治40年に建てられた駅舎はなんと東京駅と同じ事務所の設計だそうです!! 傍らのダルマポストも良く似合っています^^







外観はかなり古さを感じさせますが、淡い水色の色遣い等どこか可愛らしさのあるデザインの木造建築です。







柱の形も随分凝っています。毎朝こういう駅から通勤できたら何か楽しそうだなあと思っちゃいます。国の有形文化財にも登録されているので
レトロな雰囲気を大切にしながらも、もう少し手入れをして長く残して行って欲しいものですよね^^



CM: 4
TB: 0

出掛けたはいいものの・・・ ① 


花の文化園は一休みして、本日お天気がよかったので、ちょっとお出掛けして撮影したものを。

今回は通勤でも使っている南海なんば駅の一つ手前の新今宮駅で降りて、少し歩いた場所にある、大阪の「チン電」こと阪堺電車阪堺線の「新今宮駅前」駅へと
やってきました。ここもれっきとした駅なのに「駅前」っていう駅。他にも何ヶ所か「駅前」駅が存在しますが、どこかバス停の感覚に近いのでしょうかね^^;







阪堺電車には
①「天王寺駅前」からスタートする路線
②「恵美須町」(今回の「新今宮駅前」の一駅手前)からスタートする路線

の2系統が走っており住吉大社のある「住吉」で合流します。2系統あるのに、何故かどちらも「阪堺線」と呼びます。で、ややこしいのは実はもう1系統

③朝のラッシュ時のみ運行される「上町線」

というのがあるのですが、「住吉」までは①の「天王寺駅前」発と全く同じ路線で、「住吉」の駅の一つ先に「上町線」にしかない「住吉公園」という駅が
一つだけ存在します。で、更にややこしいのは、①の「天王寺駅前」発の路線は、阪堺線の最終駅「浜寺駅前」まで一本で繋がっているのですが、「住吉」
からは同じ駅を通る②の「恵美須町」発の路線は、何故か途中の「我孫子道」で①の路線へ一度乗換えをしないと「浜寺駅前」まで行く事が出来ません。


上手く説明できているか自信がないので、詳しくはこちらの路線図をご覧ください^^;

で、写真の解説に戻りますが、阪堺電車の「新今宮駅前」の上の高架にはJR環状線の「新今宮」があります。







10分ほどホームで待ち電車に乗り込みます。







電車はワンマンカーで一両編成のため、車両の前後に運転席があります。写真は運転の邪魔にならないよう、運転していない後方の運転席です。














土曜日のまだ少し早い時間だったので、車内はちょっと寂しい感じ。途中乗客の乗り降りはあったのですが、この時は僕の背後にあと2人くらい。







②から①の路線に乗り換えする「我孫子道」にて。こちらには阪堺電車本社と車庫があります。




次回は終点の浜寺駅前へ。日中は本当に暖かでしたね。歩いているとコートが暑くて思わず脱いでしまうくらい。
で、やはり目も鼻も「カユカユ」「ズルズル」><; 撮影に行きたい気持ちとのせめぎ合いの季節がやって来ました。。。

CM: 4
TB: 0

今度はキリッと文化園 ④ 


今回も、もちろん温室へ。温室内には人工的な滝があって、定期的に水が流れるようになっています。水が止まったあとも
雫がポタポタと落ちて出来る水紋が綺麗でそれを狙ったのですが、ちょっとボカし過ぎました^^;







光と影の際に生えていた葉が、何となく画になるような気がして。







前回も撮影した棚を今回も。







バレンタインの展示の時に撮影したベゴニアは、他にも色んな種類があります。







ゴクラクチョウカも良く撮る被写体ですが、今回は正面から狙ってみました。




ラストのように嵌った時の描写がたまらなく好きで、数少ないラインナップの中でも手放せないレンズの一つです。

CM: 2
TB: 0

今度はキリッと文化園 ③ 


園内をぶらぶらして次に目に留まったのはこちら。昨年末の写真展で出した草の写真を思い出して同じようにモノクロにしてみました^^







この時期クリスマスローズも沢山咲いているのですが、かたまって咲いているものは結構撮影しにくいんです。
それで、一輪だけ離れて咲いているのを探してみつけたのがこちらでした。







反り返った木から新芽がひょっこり。







このレンズの特徴である開放付近のニジみを活かして。







こちらは絞ってクッキリ感を。







梅園の白梅は一週間前経って、随分花開いていました!!







対する紅梅はあまり変わらず、この位。。。



CM: 2
TB: 0

今度はキリッと文化園 ② 


今回は「アカバナマンサク」 をピックアップ!! その名の通り赤いマンサクです。







花弁がまだちょっと伸びきっていない感じですが。。。







チリチリと丸まった姿も味があります^^














すぐ隣の黄色いマンサクと競演。アカバナの方の花弁がほんの少しだけ幅広で固さがあるように見えました。







最後は黄色の方を主役に。



CM: 2
TB: 0

今度はキリッと文化園 ① 


近頃写真は撮りたいけど何か遠くまで行く気力が無いというか、何処に行くかを決められなくて
トロトロ撮影の一週間後にまた花の文化園へ。流石にレンズは変えて気分も変えて撮りましたよ^^;

ミツマタも確認しましたが、残念ながら一週経ってもまだ花が付くところまでは。。。







水仙はまだまだ元気。














枝の赤さが目立っていた小振りな木を。







蕾が多かったロウバイは、1週間経って花もかなり膨らんできていました。


















今回のシリーズも暫く続きますが、前の週の反動で「Cosina 55mm f1.2」 を絞り気味にシャープさを意識して撮影しています。

CM: 2
TB: 0

早々春のトロトロ祭り Last 


「トロトロ祭り」も長くなってきたので、残りの写真を纏めて。







温室での撮影はここまで。







ここからは屋外で被写体探し!!







やはり、この時期はスイセンも外せませんね^^ 奥でトロけてボケているのは八重咲きのものです。














ラストはより春らしい菜の花を。



CM: 4
TB: 0

早々春のトロトロ祭り ⑤ 


再び中間リングでの文化園に戻ります。今回の撮影の中でもトロトロ具合が一番出ている3枚を。
サボテンからちょこんと伸びていた可愛らしい花です。







こちらは「トケイソウ」の蔓の先っぽ。







今回の中でも最大級のトロトロ具合が、こちらの一枚^^ 蕊の先にピントを合わせるのがメチャクチャ大変でした!!



CM: 2
TB: 0

バレンタイン♡ な文化園 


今日は「St.Valentine's Day」という事で、近所の植物園でもバレンタインを意識した企画が。
まずは「ハートの葉っぱたち ♡♡♡ 」。ちょっと強引なものも混ざっていますが・・・^^;







温室の木立ベゴニアの蕾。







こちらも の形に見えますよね^^







ピンク色もハートにピッタリですね!!







ちょっと分かりにくいですがこちらの種子も良く見ると。。。




冬場は何となく食べたくなるのですが、この時期チョコレート買うの 何だか気が引けてしまいます・・・^^;

CM: 4
TB: 0

早々春のトロトロ祭り ④ 


今日はお昼過ぎから雪が舞う寒空だったので、こちらで視覚的にだけでも温かくなって頂ければと思います^^







白くてフワフワな産毛を身にまとって。







温室の花たちは、色彩的にもその姿にも本当に興味が尽きません。



CM: 4
TB: 0

早々春のトロトロ祭り ③ 


3回目はドウダンツツジの種子と冬芽を。


















昨年はドウダンツツジの真っ赤な紅葉を撮り逃したので、今年こそは・・・って大分先の話ですけどね^^;

CM: 4
TB: 0

早々春のトロトロ祭り ② 


トロトロ祭りというタイトルになっていますが、今回は少し絞り込んだ画になります。中間リングを挟んでも絞り開放付近でないと独特な
とろけるようなボケは生まれてきません。でも絞る事でピント位置はキリッとシャープで植物の細かな産毛もしっかりと描写してくれます!!







冬から確実に春に向かっていることを教えてくれる花たちも、色々と顔を覗かせてくれていました。
「まず咲く」から訛って名前が付いたと言われる「マンサク」もその一つですね^^














そして今はまだシャワーヘッドのような姿のミツマタも着実に花を付ける準備が進んでいましたよ♪




三寒四温というほどではないですが、今日のような穏やかな日もこれから少しずつ増えて行くのでしょうね。でもまた明日は寒さへ逆戻りのようで。。。

CM: 2
TB: 0

早々春のトロトロ祭り ① 


時々やりたくなる「Takumar 50mm f1.4」+中間リングでの「トロトロ祭り」。今回は花の文化園での梅をお送りします。







一枚めだけピンクの梅で、後は白梅になります。







上と同じ梅を横位置で。







前ボケにも白梅を入れて。







案外満開の時よりも、こうして丸っこい蕾がある時の方が好きかも^^







天気が今一つだったので、背景の白に溶け込むような雰囲気で。




元々薄ピンなレンズですが、中間リングを付けるとマクロ以上に超薄ピンに。花の何処にピントを持って行くのが良いのか最後まで悩みながらの撮影でした^^;

CM: 2
TB: 0

ひと呼吸おいて、水仙の丘の最終回です。やはり高い場所は風の影響を受けやすいのか、倒れかかったものも。




































丘の下の道路に面した急斜面にも。







ラストは何となくモノクロで。




今日はこの冬一番の寒気が流れ込み、本当に寒い一日でしたね>< 会社帰りの道で少し雪もちらつき始めていました。

CM: 2
TB: 0

2週前のロウバイ ~ 花の文化園 ③ 


水仙の丘の最終回の前に、「温室の光と影」でお届けした花の文化園での他の撮影分を。今回はロウバイです。





















この1枚だけ別の日に「Takumar 50mm f1.4」 に中間リングを付けて撮影したものになります。

























「Takumar 50mm f1.4」 に中間リングを付けて撮影した花の文化園はまた別シリーズでお届けしたいと思います。
昨日は結構暖かさを感じる穏やかな一日でしたが、今日は朝から雨模様で余計に寒く感じます。晴れていれば
奈良の大宇陀の「初えびす」にでも行きたかったのですが・・・残念。まあ今週は大人しくしてた方が良かったかもしれません。

CM: 2
TB: 0

少し水仙の花を離れて丘から見える風景などを。大きなサイロのようなものが見えているのが、丑年の時に年賀状ネタを撮影しに行ったワールド牧場です。







丘の展望台。







丘の頂上に立つこちらの碑は「奉建塔」とよばれ、この地に所縁のある楠木正成の没後600年の記念塔となっています。





















再び丘の上からの眺め。富田林の町並みが広がっています。







今回も少しは水仙を入れておきます^^




引っ張っておりますが、次回もう一度水仙をメインにお届けして最終回です。

最近、丁度サイクルなのか身の回りの家電製品が色々と故障してきました。最初に壊れたのは電子オーブンレンジ。河内長野に引っ越した当初から使っていたので10数年以上使った事になります。良く頑張ってくれました!! 次は電気シェーバー。フィリップスの独特な構造の3つヘッド部分の一つがもげてしまいました><;
どちらも生活必需品なので、色々悩んで先程ネットで発注しました。また次に冷蔵庫とか洗濯機とか何か大きなものが壊れるのではないかとちょっと心配^^; 
同じ時期に重なるのは勘弁して欲しいなあ。。。

CM: 1
TB: 0

千早赤阪村の水仙の丘からは3回目。1枚目と2枚目は光の加減で入り込んだフレアも、これはこれでちょっと面白いかなと思って。。。














こちらは水仙を背景にぼかして脇役に。







ここからは周辺の様子も少し入れながら。

























色々ご心配を頂き、ありがとうございます。なんとか体調も回復しました。まだ食欲がいま一つありませんが、少しずつ元に戻して行ければと思います。
正月は沢山食べ過ぎたので、良いダイエットになったかも。お腹もちょっとへこんだような・・・気がするだけかな(笑)

CM: 4
TB: 0

体調の方はなんとか回復してきたので、水仙の丘の2回目を。今回は寄り気味で撮影したものを集めてみました。







寄り気味と言っても、Jupiter-9の最短撮影距離は0.8mと寄れるレンズではないので、この位が限界。。。





















それでもピント面はシャープで、ボケも柔らかさがあって。







絞りを設定するダイヤルが固く、しかもプリセットのタイプなので絞り値を決めてから、さらに絞り用のリングを回さないと反映されないという
とても手の掛かるレンズなのですが、この描写を見ると手放す気にはなれない魅力があるんですよね^^




本当最近すぐに体調を崩し過ぎですね・・・><; やはり食生活が良くないのでしょうね。もう少し考えて体質改善などにも気を付けないといけないですよね。

CM: 1
TB: 0

前回の白崎海岸の水仙は少し見頃を逃してしまったので、どこか近場で撮れる場所が無いか探していたところ、地元のすぐ隣の千早赤阪村にも「水仙の丘」という
名所があるのを知り、次の週に訪れてみました。ネットで調べた所、2月が見頃という事だったので少し早いかなと不安だったのですが、今回はベストタイミング!!







白崎は八重の品種でしたが、こちらはポピュラーなこの姿。














85mm(換算170mm)のレンズ1本だったので少し中途半端だったかなとも思ったのですが、少し引いたり寄ったり色々工夫しながら撮影を楽しみました^^







ちょっと強引な感じですが、前ボケに2輪の水仙を入れて。




金曜の晩からウィルス性の胃炎に苦しめられ散々な週末><; 丸2日棒に振ってしまい、もちろん撮影にも行けなかったので、こちらの水仙も何回かに分けて
お届けして行こうかなと思います^^; まだ万全ではないので、皆さまのブログへの訪問・更新・コメントへの返事が遅れます事をご了承くださいませ m(_ _)m

CM: 2
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。